FXで押さえておきたい基本的な3つの注文方法

  • 2016/02/11
  • ビジネス
  • 154view
  • YAZIUP運営
タグ

FXを始める上で

まず押さえておきたい基本的な注文方法は成行注文、指値注文と逆指値注文の3つです。

まずはこの3つの注文方法を覚えて実際に注文を出してみてください。

ここでは具体的に現在のレートが100円として見ていきます。

274220507

 

 

成行注文について

今現在のレートでポジションを持ちたい時や決済したい時の注文方法です。

現在のレートが100円なら100円で注文が通ります。

ただし、スリッページといって注文がすべってしまうことがあります。

 

 

指値注文について

指値注文では、現在のレートよりも有利なレートを指定します。

呼んで字のごとく指値では注文するレートを指定します。

相場が指定したレートに達すると成行で注文が通ります。

エントリーする場合と決済する場合で違いがあります。

ここでは、その違いを確かめておきましょう。

 

 

指値注文でエントリーする場合

今現在のレートよりも安いところに買い注文を高いところに売り注文を指定する注文方法です。

現在のレートが100円なら98円で買い注文を、102円で売り注文を出せます。

この注文方法では、押しや戻りを期待して注文を出します。

 

 

指値注文で決済する場合

買い持ちの時は現在のレートよりも高いレートを指定します。

98円の買いのポジションを持っていて現在のレートが100円ならそれより上の102円で指値が出せます。

その場合、2円分の利益になります。売りのポジションの場合はその逆です。

 

 

逆指値注文について

指値とは逆に現在のレートより不利な値段を指定する注文方法です。

逆指値注文でも相場が指定したレートに達すると成行で注文が通ります。

ここでもエントリーする場合と決済する場合を見てみましょう。

 

 

逆指値注文でエントリーする場合

今現在のレートよりも高いところに買い注文を安いところに売り注文を指定します。

現在値が100円なら102円で買い注文を、98円で売り注文を出せます。

押しや戻りがないと判断した時に、逆指値を使います。

 

 

逆指値注文で決済する場合

やはり、指値とは逆で買いのポジションを持っていたのなら、現在のレートよりも安いレートに、売りのポジションを持っていたなら今よりも高いレートに指定します。

例えば、100円の買いポジションを持っていて今現在のレートが102円なら、101円に逆指値注文を出して利益を確保できます。

 

296178536

 

とりあえず基本を覚えて、自由自在に注文ができるようになりましょう。
それがFXで稼ぐ第一歩になります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ