FXトレードにおけるチキン利食いを防ぐ3つの方法

  • 2016/02/03
  • ビジネス
  • 322view
  • YAZIUP運営
タグ

チキン利食いについて

282181733

チキン利食いとは、自分のポジションが含み益になった時に、あらかじめ設定していた目標に達する前に利食いをしてしまうことです。
チキン利食いによって、取れていたかも知れない利益を取り逃がしてしまいます。
しかし、それでは、自分の利益を限定していることになります。
そのため、トータルで見た時の利益が少なくなります。

 

 

なぜチキン利食いをしてしまうのか

254233195

自分の含み益が含み損になるのが怖くてすぐに利食ってしまいます。
一般に人は遠くにある不確実だけど大きい利益よりも、目の前にある確実に手に入るけど小さい利益を優先してしまう傾向があります。
だから自分のポジションに利が乗るとすぐに利益確定をしたくなるのです。

 

 

チキン利食いを防ぐ方法1:大きい時間軸のチャートを見る

自分がトレードしているチャートよりも大きな時間軸のチャートを見ます。
15分足でトレードしているなら1時間足を見て、大きく考えて目標を決めます。
大きい時間軸で見るとまだまだ利益が伸びそうだということに気付けます。
一旦、大きい時間軸のチャートを見て心を落ち着けてください。
小さい時間軸のチャートを見るから利食いが早くなるのです。

 

 

チキン利食いを防ぐ方法2:分割決済を利用する

複数の目標を決めて、その都度ポジションを分割して決済します。

例えば、

1回目の利食いはチャネルライン付近でポジション総数の3分の1、

2回目の利食いはチャネルラインの倍の位置でまた3分の1、

3回目はチャネルラインの3倍の位置で3分の1、

という風にポジションを分割して利食います。

このように分割してポジションを利食うことによって早く利食いたいという衝動を抑えることができます。

 

 

チキン利食いを防ぐ方法3:トレール注文を活用する

トレール注文とは、指定した逆指値の決済注文がレートの動きに合わせて動いていきます。
この注文を活用すれば、相場が順行すればするほど利益が伸ばせます。
そして、指定した幅だけ逆行した場合にトレール注文の逆指値による決済が執行されます。
注文を出しておけば自動で執行されるので、相場を見ることなく任せておける訳です。
ですから、トレール注文を出した後は相場から離れておくことによってすぐに利食いたいという気持ちを抑えることができます。

243493081

 

 
以上3つの方法を紹介してきました。

これらを自分のトレードスタイルに合わせてうまく活用してください。
自分のチキンハートのせいで利益が小さくなるのは非常にもったいないです。
ここで紹介した3つの方法を使ってチキン利食いを防ぐことによって、チキン(臆病)ではなく勇気のあるトレーダーになりましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ