YAZIUP CLUB会員募集中

FX相場で勝ち残るための5つのコツ

  • 2017/12/18
  • ビジネス
  • 34view
  • YAZIUP運営
タグ

FXで生き残るためには

FXで生き残るためには
上がるか下がるか。
取ったポジションと同じ方向に進めば利益が発生し、逆に動けば損失が発生するFX。
基本的な取引ルールは簡単でも、稼ぎ続けるのは難しいFX。
そんなFXで、長期的に生き残っていくためにはどうすればいいのか。
ここでは、そのためのコツをご紹介します。

 

損切りをする

損失が出ているポジションを切るに切れず、ずるずると損失を膨らませていく・・・。
そのような経験は、トレーダーの多くが経験をしているのではないでしょうか。
しかしそのようなポジションをいつまでも抱えていると新たにポジションを取るのも難しく、大きな流れが出来た時に機会損失をしてしまうことにもなります。
さらに散々我慢した結果ロスカットにでもなろうものなら、そのショックは計り知れません。
フットワークを軽くし損失を最少減に抑えるためにも、FXでは損切りを厭わないことも大切です。
エントリーをすると同時に、逆指値注文を入れておきましょう。

 

ドル円以外もチェックする

最もメジャーかつ値動きも比較的穏やかなため、ドル円は初心者向けの通貨ペアです。
ただドル円ばかりを追っていると、チャンスはそのぶん限られることになります。
慣れてきたらユーロ・ポンド・豪ドル・NZドルなどドル円以外の主要通貨ペアのチャートもチェックして、値動きが期待できるものはないか探しましょう。
ポンド円など値動きの激しい通貨ペアにエントリーする場合は、損切りのタイミングにより気をつける必要があります。

 

わからない時は静観する

わからない時は静観する
上にいくのか下にいくのか。
いくら情報を集めても動きが予測できない・・・。
FXをしていると、そんな時もありますよね。
その場合はむやみにエントリーをせず、静観をするのが正解です。
わからなくても利を急ぐばかりについついエントリーをしてしまう人もいますが、そのような根拠の無いポジションを持つのは大きなリスクを伴います。
レートを眺めているとついついエントリーをしたくなりますので、動きが読めない時はいっそ別のことをして過ごすのも1つの手です。

 

月曜日の「窓」を狙う

国内のFX業者では土曜日の朝まで注文をすることが可能で、日曜日は休みとなっています。
しかし一部の国では日曜日も注文をすることができるため、月曜日に始まった時には土曜日の朝よりもいくらかレートは変動していることになります。
こうした業者が閉まっている間に動いたレート差は「窓」と呼ばれており、たとえば土曜日の朝に100円50銭で終わり月曜日に100円80銭で始まった場合その窓は30銭ということになります。
面白いものでこうした窓があった場合、相場はほぼ必ずそれを埋めにいきます。
先に挙げた例なら100円80銭でショートをしておけば、高確率で30ppぶんの利益を挙げられるということです。
もちろん窓を埋めに行く前に101円に上がったり102円に上がるケースもありますが、勝率を上げるためには知っておいて損はありません。

 

外でのトレードは控える

FXはスマホからも行うことができますが、外でのトレードは判断を鈍らせることがありますので危険です。
衝動的にポジションを取ってしまい、結果的に大損をしてしまうことも。
勝率を上げるためにも、画面とじっくりと向かい合い情報収集や分析を行える環境でのトレードを増やしましょう。

 

まとめ

まとめ
どれだけ逆に動いてもナンピンできるような大金持ちでもない限り、FXで100%勝つというのはほぼ不可能です。
損切りを覚えて、負けを小さく勝ちを大きくしていく方法を選びましょう。
ただ損切りのラインを間違えてしまうと損切り貧乏になってしまう恐れもありますので、勘で設定をするのではなくチャートを参考に根拠のある値を設定することも大切です。
参考書やデモで勉強しながら、少しずつステップアップしていきましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ