YAZIUP CLUB会員募集中

ビットコインに再分裂の可能性!11月に再び分裂してしまうのか?

  • 2017/10/30
  • ビジネス
  • 61view
  • 松村 昴
タグ
  • マネー
  • お金
  • ニュース
  • ビットコイン
  • 仮想通貨
  • 時事

ビットコイン分裂

仮想通貨の中でも知名度や時価総額が高いのはビットコインです。仮想通貨と言えばビットコインをイメージする人が多いと思います。そんなビットコインですが、なかなか不穏な動きがあります。ビットコインは2017年8月に分裂騒動がありました。そして今度は11月にも再び分裂可能性が指摘されているのです。ビットコインが再び大きく変化する可能性もあります。ビットコインに注目する必要があるでしょう。

ビットコイン分裂

8月のビットコイン分裂騒動

ビットコインは2017年8月に分裂騒動がありました。この分裂騒動はビットコインの取引に時間がかかるようになったため、処理容量の引き上げを巡って対立したことから起こりました。結果として、ビットコインはビットコインとビットコインキャッシュの2つに分岐したのです。分裂後のビットコインとビットコインキャッシュは同じルーツを持ちながら、全く別物の仮想通貨となったのです。現在では、ビットコインは主流であり、ビットコインキャッシュは数ある仮想通貨の1つという捉え方になります。そうして、8月のビットコイン分裂騒動は終わったように思われていたのです。

8月のビットコイン分裂騒動

11月にも再び分裂か?

8月に終わったかに見えたビットコイン分裂騒動ですが、再び11月に分裂するのではとの憶測が流れています。8月の分裂騒動でビットコインはSegwitを実装して、その後ブロックサイズを大きくするという選択をしていました。それがSegwit2xのハードフォークです。当初の予定では日本時間の11月19日にSegwit2xのハードウォークが行われ、ブロックサイズが1MBから2MBへと大きくなるはずです。しかし、ここにきてSegwit2xへのブロックチェーンに反対している人がいるのです。しかも、Segwit2xには問題点も指摘されています。そのひとつがリプレイアタックの問題です。リプレイアタックを簡単に説明すると送信者の意図しない形にて、分岐した後のコインが送信されてしまう攻撃を指しています。Segwit2xにより、ブロックサイズを大きくするとリプレイアタックを完全に防ぐことができないと言われています。このように、現在のビットコインには分裂の兆しが見えており、11月には再び分裂するのではとの声があるのです。

11月にも再び分裂か?

今後ビットコインはどうなる?

専門家でも再びビットコインが分裂した場合どうなるのかわかっていません。専門家によっては、再びビットコインが分裂しても8月のように何事もなかったように価値が上昇するとしている人もいます。その一方で、今度の分裂でビットコインへの警戒感が強まり、価値が暴落するのではとの意見もあるのです。専門家でさえそうなのですから、11月に分裂した場合のことは誰もわからないでしょう。そのため、しばらくの間はビットコインには手を出さないで傍観するのが得策かもしれません。逆に、再びビットコインが分裂して、価値が暴落するようなことがあればチャンスです。暴落したときにビットコインを購入して上昇するのを狙ってみるのがいいでしょう。今は危険を冒さずに、11月のビットコイン情勢を見守っておくのがおすすめです。

この記事につけられたタグ

  • マネー
  • お金
  • ニュース
  • ビットコイン
  • 仮想通貨
  • 時事

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ