YAZIUP CLUB会員募集中

個人の人気を売買?最近やたらと聞く「VALU」とは?

  • 2017/08/29
  • ビジネス
  • 67view
  • YAZIUP運営
タグ
  • マネー
  • インターネット
  • ニュース
  • 時事
  • 時代

youtuberの炎上で話題となったVALU

youtuberの炎上で話題となったVALU

「VALU」をご存知でしょうか。最近では、人気YoutuberがVALUを使った詐欺まがいの資金調達によって炎上した話題は記憶に新しいかもしれません。「詐欺ではないか」「インサイダー取引ではないか」などと議論になっていますが、こうした一連の事件は、少なくともインサイダー取引に該当しません。理由は、VALUで発行するVAは、法律の定める「有価証券」に該当しない、つまり、法律が追い付いていないのです。話題にはなっているものの、「VALUとは何か」について説明できる人は意外に少なく、ここでは、最近よく耳にするVALUについて、その本質を紹介します。

 

VALUとは

VALUとはそもそもなにか

よく、VALUは「個人の人気を売買するプラットフォーム」と表現をされることが多いですが、以下、簡単に説明します。VALUというサイト上で、資金を集めたい個人が「VA」と呼ばれる株の様なものを発行します。1VA=500円で限定10,000VAを発行し、投資家が価値を感じて買ってくれた場合、単純に500万円の資金調達が可能となります。では、投資は何に価値を感じてVAを買うかというと、VAを発行する個人が提供する「優待特典」に魅力を感じるからです。株と決定的に違うのは、「配当がない」という点でしょうか。

また、実は、VALUでVAの売買を行う際、ビットコインで取引されます。仮想通貨というインフラを利用して資金調達をするという意味では「ICO」仮想通貨におけるIPO(株式上場)の様なものとして例えられることもあります。VALUの面白い点は、通貨の概念そのものを考えさせられるところにあるかもしれません。

 

クラウドファンディングと似ている?

VALUは本当にクラウドファンディングと似ている?

VALUはしばしばクラウドファインディングに例えられることがありますが、クラウドファンディングと異なるのは、「より高値で買いたい人が存在すれば値上がりする」という点です。例えば、資金力のないアーティストがレコーディング費用を捻出するために、VAを発行します。投資家(ここではファンがそれに該当するかもしれません)は、「VA所有者限定ライヴに招待される」などの特典に魅力を感じて、VAを買います。特典に魅力を感じた人は、より高値で買いたいと思うかもしれませんし、そのアーティストに対して魅力を感じなくなった人が増えればVAを売る人が増え、1VAあたりの価格(株価)が下がります。発行した個人「ファンクラブの会員権」の様なものを想像すると分かりやすいでしょう。

 

VALUは個人が資金調達するのに最適

VALUは個人が資金調達するのに最適

通常、企業が資金調達を行う場合、株式を発行して資金を得ます。そして業績を上げれば時価総額が上がり、株主にも還元されますが、株式を発行して資金調達をするという行為は、個人ビジネスを行う人にとって非常にハードルの高いもので、簡単には出来ません。

ここで言えるのは、世の中は、常に「資本力のある多数派」にとってメリットのある仕組みばかりで、少数派や弱者がダイナミックにチャンスを得られるチャンスは意外に多くないということです。

影響力のあるブロガーが、1,000万円の資金を集めただけで炎上してしまうということは、いかに世の中が多数派によって少数派が淘汰される仕組みであるということです。

この記事につけられたタグ

  • マネー
  • インターネット
  • ニュース
  • 時事
  • 時代

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ