記事制作方針ガイドライン

2017年は仮想通貨元年!?ビットコインってなに?

  • 2017/07/19
  • ビジネス
  • 33view
  • 松村 昴
タグ

2017年は仮想通貨元年

仮想通貨という言葉をニュースで聞いたことがあるでしょう。仮想通貨という言葉を知らない人でもビットコインという言葉を聞いたことはあるでしょう。ビットコインは数多くある仮想通貨なかの1つなのです。2017年は仮想通貨元年と言われています。それだけ仮想通貨に注目が集まっているのです。そこで今回は、トレンドに乗り遅れないための今さら聞けない仮想通貨やビットコインについて紹介していきましょう。

2017年は仮想通貨元年とも言われている

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨を簡単に説明するとインターネット上にある電子的な通貨です。日本では主に仮想通貨と呼ばれますが、海外では主に暗号通貨と呼ばれています。仮想通貨を使用してインターネットで買い物などができるのです。イメージとしては電子マネーですが、仮想通貨と電子マネーでは決定的な違いがあります。それが換金することができるのかどうかです。仮想通貨は換金することはできるが、電子マネーには換金することができません。また、仮想通貨には発行元がないですが電子マネーには発行元があるという違いもあります。

仮想通貨とは何か

仮想通貨のメリットや種類は?

仮想通貨のメリットは海外への送金や決済が早く、手数料も安くできることです。また、国という概念がないため国に依存しません。そのため、国の情勢が悪くなり通貨の価値が変動しようとも仮想通貨は関係ないメリットがあります。仮想通貨の種類は世界中に何百種類もあり、700種類以上もあると言われています。日々新しい仮想通貨が生まれており、仮想通貨の正確な種類の数字はわからないのです。ちなみに、日本でも仮想通貨への取り組む動きが見られています。三菱東京UFJ銀行は独自の仮想通貨「MUFGコイン」の計画を立てており、2017年5月1日から実証実験を行っています。

 

最も流通している仮想通貨はビットコイン

700種類以上もあるとされている仮想通貨の中でも最も有名で最も時価総額が高いのがビットコインです。仮想通貨の時価総額の中でビットコインは圧倒的な数字で1位なのです。ビットコインの単位はBTCです。ビットコインの入手方法は採掘(マイニング)・個人取引・取引所の利用の3つです。一般的なのが取引所による取引です。口座を作り、日本円でビットコインを購入することができます。

最も流通している仮想通貨はビットコイン

ビットコインの利用方法

ビットコインは投資としてや店舗・オンラインでのショッピングなどで利用できます。ビットコインの為替レートは日々変化します。そのため、ビットコインのレートが安いときに購入し、価値が高くなったら日本円に換金することで儲けることができて投資として利用できるのです。また、ビットコインでショッピングすることもできます。日本でも2017年4月7日から「ビックカメラ有楽町店」と「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」の2店舗でビットコイン決済サービスを始めているのです。他にもビットコインを使える実店舗は着々と増えています。また、ネットショッピングでは多くのサイトでビットコイン決済が可能です。このようにビットコインを利用できる場所はどんどん増えていっているのです。ぜひビットコインを手に入れてみてはどうでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ