これぞ鉄板トレード!負けないためのコツ3連発

  • 2016/01/08
  • ビジネス
  • 154view
  • YAZIUP運営
タグ

レンジ&三角保合いならブレイクアウトの第二波を狙え!

通勤途中の電車の中でスマホのチャート画面を、食い入るように見ている人が増えてきました。日本のトレード人口が増えてきたという事は、景気の見通しが明るくなってきた証拠なのでしょうか?ですが、まだまだ修行中という人も多いでしょう。
そこで、常勝トレーダーが必ずと言って良いほど使っている手法をご紹介しましょう!レンジや三角保合いを見つけたら、ブレイクアウトするまで辛抱強く待つべきです。さらに、最初のブレイクは潔く見送って戻しを待ちましょう。
ブレイクアウトからの戻しを待って、再度ブレイクした方向に値が伸びようとする時、ここが最も勝率の高いエントリーポイントなのです。いわゆる「第二波」というヤツで、このチャートポイントを見逃す常勝トレーダーは居ません!毎月確実に勝てないのなら、サイドビジネスとは言えませんよね。

254166634

 

 

上昇トレンドの途中でレンジが出来たらレンジ下限で買!

負けてばかりのトレードはサイドビジネスとは言えません。勝って利益を上げてこそサイトビジネスと言えるのです。
トレードの勝率を上げるには、得意のパターンを身に付けるのが得策と言えるでしょう。常勝トレーダーが毎月勝てるのは、この得意パターンを何種類も持っているからなのです。
上昇トレンドの途中でレンジが出来たら、レンジ上限をブレイクする可能性が高い、という特長があります。逆に言うと、レンジの下限に到達したポイントこそ、買でエントリーする絶好のタイミングなのです!しかも、損切のラインはレンジ下限の数ピップス下に設定しますから、負けたとしても痛くありません。
つまり、損小利大が狙えるチャンスなのです

255175606

 

 

下降トレンドの途中でレンジが出来たらレンジ上限で売り!

下降トレンドの途中でレンジが出来たら、レンジ下限をブレイクする可能性が高い、という特長があります。察しの良い人は、もうお分かりですね!そうです、上昇トレンドの途中に出来るレンジパターンの逆が、下降トレンドの途中に出来るレンジなのです。
つまり、レンジ上限に到達したポイントが、売りでエントリーする絶好のタイミングです!同じく、レンジ上限の数ピップス上に損切を設定すれば、負けても損小で済むでしょう。トレードをサイドビジネスとして真剣に行うのなら、勝つための必勝パターンを身に付け、負けた時の損を小さく抑える必要があります。
勝ち目のない勝負なら、ただのギャンブルと同じなのです

343771265

 

 

トレードとギャンブルは全く別物です。過去の事象から未来を想定し、勝率の高いパターンを狙い撃ちできるのが、トレードの特徴なのです。
サイドビジネスとしてトレードを続けるのなら、必勝パターンと損を小さく抑えるテクニックを身に付けて、常勝トレーダーの仲間入りをしましょう!

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ