証拠金取引ってなに?!今さら聞けないFXの仕組みを簡単解説!

  • 2016/01/06
  • ビジネス
  • 145view
  • YAZIUP運営
タグ

数年前のアベノミクスをきっかけに

投資というものがにわかに注目されてきました。でも、意外と「実はまだ始めてないんだ……」という人も多いようです。そんな人にオススメなのが、手軽な資金で気楽に始めることのできるFXです。今さら聞けないFXの仕組み、そして初心者におすすめの業者を解説していきます。

 

 

FXはなぜ小額で大きな取引ができるのか?

242208562

「FXはレバレッジをかけて小額でも大きな取引ができる」という文言を目にしたことがある人は多いと思います。仕組みが分かっていないと「本当に大丈夫なの?」と、ちょっと心配になっちゃいそうですよね。レバレッジ、これは一体どういう仕組みなんでしょうか。

FXは「外国為替証拠金取引」というのが正式名称です。証拠金取引というのは一定の証拠金を入れることで、反対決済をすることを条件にその何倍もの金額の取引をすることができるという取引です。反対決済というのは、例えば何かを買った場合であれば、それを逆に売るということです。
つまり、買う取引をした場合は将来的にそれを売ることに、売る取引をした場合は将来的にそれを買い戻すことになるわけです。そのため、将来的には必ず元の場所に戻るので、売買時に取引対象物を移動したり、取引金額を受け渡す必要がありません。反対決済時に、買値と売値の差額分の受け渡しだけで取引が完結します。

このように反対決済がされるということが分かっているので、証拠金は差額分が支払える金額だけ確保しておけば問題ないため、何倍もの取引をすることができるようになっているんです。

ちなみに、この「何倍」という部分がレバレッジと言われるもので、日本では法律上、25倍まで認められています。具体的に見てみると、レバレッジ25倍であれば、10万円の証拠金を入れておけば250万円分の取引をすることができます。FXは通貨を取引するので、例えばドルを円で売買したりするわけですが、最大で250万円分のドル(1ドル=125円のときは2万ドル)の売買をすることができるわけです。

 

実際にどのくらいの利益がでたり損失がでたりするの?

 

182480570

FXをやればどのくらいの利益や損が出るのか、イメージが湧かないという人も多いかもしれません。具体的に、どういうときにどのくらいの利益が出て、どういうときにどのくらいの損失がでるのか見ていきましょう。(あくまでイメージをつかむためのシミュレーションなので、強制ロスカットについては考慮していません。)

 

・証拠金10万円、1ドル=120円で2万ドル購入して、1ドル121円で全て決済(売却)

 

購入時には@120円/ドル×2万ドル=240万円で購入したことになります。そして、決済時には@121円/ドル×2万ドル=242万円で売却することになります。決済時には購入額と売却額の差額だけが受け渡されるので、2万円が利益となり、証拠金が12万円となります。

 

・証拠金10万円、1ドル=120円で2万ドル購入して、1ドル119円で全て決済

 

購入時はさきほどと同様、240万円で購入したことになります。そして、決済時には@119円/ドル×2万ドル=238万円で売却することになります。売却額が購入額よりも少ないので2万円が損失となり、証拠金は8万円となります。

 

これは、国内上限のレバレッジ25倍をほぼ最大限使ったという例です。そして、例ではドル円の為替レートがそれぞれ1円上下していますが、状況にもよりますが1円動くというのは珍しいことではないので、けっこう現実的な例です。

このように、レバレッジを最大限使うと10万円で2万円の損益が出るわけです。元手となる金額に対して考えると、かなりの大きな金額が動くということが分かります。ただ、こういうやり方をしているとすぐに退場ということになりかねないので、実際にはもっとレバレッジを抑えて取引するのが通常です。うまくリスク管理をしながらFXをやっていけば、小額でも十分な利益を生み出すことができる、というわけです。

 

初心者に大事なのはとにかく取引に慣れること!向いているFX業者はどこ?

321724181

FXの仕組みについて説明をしてきましたが、FXというのはどちらかというと「習うより慣れろ!」の世界で、やってみることがなによりの勉強になります。そして、取引に慣れてきてトレードがどんなものなのか分かってくるまでは、とにかくリスクを抑えつつたくさんの取引をすることが大事です。

リスクを抑えながら取引をガンガンやるためには、できるだけ小額で取引をすることをオススメします。とういことで、今回はとにかく小さい金額で取引ができるということをテーマに初心者におすすめの業者を選んでみました。

 

 

SBI FXトレード(最小取引単位:1通貨)

SBI FXトレードはアットホームなサイトの雰囲気の会社です。初めてFXをする人向けの解説などもあり、初心者でもとっつきやすい雰囲気が出ています。また、1通貨(例えば1ドル)から取引ができるので、「とにかくFXの練習をしてみたい!」という人にはうってつけの業者です。

参考:SBI FXトレード

 

マネーパートナーズ(最小取引単位:100通貨)

東証1部上場しており信頼感バツグンの会社です。nanoが100通貨から取引可能となっていますが、裁定取引単位を1000通貨以上としている業者が多いなか、100通貨としていることに好感が持てます。取引ツールも上場会社だけあって使いやすく作りこまれているので、初心者にオススメの業者です。

参考:マネーパートナーズ

 

 

FXから始めて、投資の世界に入ってみよう!

投資は敷居が高いイメージがあり、始めるには躊躇するところがあるかもしれません。ですが、FXは小額から取引を始めることができて、取引対象もドル円といったなじみのあるものなので、投資の中では始めるときの敷居が低いと言えるでしょう。

 

「投資をやってみたいけど、ちょっと敷居が高いかな……」と思っている人は、まずはFXから始めてみてはいかがでしょうか。FXを通じて投資の世界が広がっていくことでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ