オジサンやっぱり生保レディーがいいな〜

  • 2016/10/01
  • ビジネス
  • 96view
  • のりき 夢丸
タグ

あれ?今度は新しいコがやってきたぞ

109979807

一昔前、昼休みの職場風景といえば、いませんでした?セールスレディーのお姉さん方が。

何を勧めるでもなく、ちょっと暇そうな働き盛りのあんちゃんを見つけては、軽く立ち話から始めて、しまいにはどっぷりパンフレットなんかを見せつけられて、トークが弾みすぎて一口契約しちゃったとかね。
中でも生命保険を売るお姉さん方(以下生保レディーとお呼びする)の営業は、ずば抜けてうまかったね。

いっときあのお姉さんたちいなくなったけど、春あたりから違うコ来てるなぁ。それももっと若い女性が、ね。

 

「復活」生保レディーを取り巻く環境が激変

194038568

ピーク時に全国に45万人いた生保レディーは、厳しい営業環境にさらされ続け、今は約半分に減った。
ところが今年に入ってその傾向にブレーキが掛かり、なんと6年ぶりに増加に転じたというのだ。
その一番の要因は、生保レディーの評価体系が変わったことだという。
とにかく「新規をとってこい」の肉食スタイル評価から「継続をすすめよ」の草食スタイルをより高評価することで、生保レディーたちの離職率に歯止めがかかったのだ。

他にも、契約数や金額だけでなく、普段どれくらいのお客と接触しているか、なども業務評価に入っているらしい。
一発長打も、コツコツ犠打も同じように査定するよということだ。

 

保険はネットで契約するご時世なのに

106710137

保険販売に新境地をもたらした「ネット保険選び」ではあるが、課題もいくつかある。
とくに一度ネット系に転出した人は、長くとどまらず、よりよい条件への「浮気」行動が止まらなくなるという。
そこに大手「対面販売組」のつけ込む隙がある。

筆者も保険ショップ創生期の契約者だが、最近継続と解約の作業でトラブルに遭ったばかりだ。
一番困るのは「担当者が変わること」と「営業所が統廃合される」こと。これは普通の生保会社にも言えるが、とくに保険ショップはその引き継ぎがスムーズでなく、営業所間の「温度差」を感じる。

生保レディーとの熱く、長いおつきあいは「やっぱり商売は顔を見合わせてナンボ」というオジサン世代の心に、少なからず響くものがあるだろう。

 

今度、話聞いてみようっと

232333216

このように、一昔前とはだいぶ様子が違う生保レディーたち。
ご主人のライフスタイルに合わせ、きめ細かく営業する人が増えているそうだから、「ネット保険はやっぱりどうも……」というオジサン世代こそ、生保レディーを再評価できるはず。
まあ本来は、これが理想の営業スタイルであり、回り回ってよい形に落ち着いたとも言えるけど。

あ、そうだ。今の生保レディーは、奥様の再就職先としても、あながち捨てたモンじゃないですよ、ダンナ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ