YAZIUP CLUB会員募集中

手帳選びで今年が変わる?!カッコいいオヤジの手帳術とは?!

  • 2017/01/01
  • ビジネス
  • 118view
  • YAZIUP運営
タグ

手帳選びで「今年」が変わるワケ

373171945

誰でも「予定の記入」「予定の確認」という作業を行います。それ故、毎日視界に入る手帳選びは重要なのです。ビジネスマンが使う手帳には様々なタイプのものがありますが、手帳のスタイルによって「毎日視界に入る情報」は変わります。手帳は単なる「予定を確認するためのツール」ではありません。日々の行動に「軸を持たせる」ための、行動管理ツールとも言えます。ここでは、より良い1年にするための「手帳術」について紹介します。

 

手帳は時間の家計簿

213183631

「時は金なり」という言葉があります。私たちは、お金の管理に関しては敏感ですが、お金と同じくらい大切であるはずの「時間の使い方」については驚くほど無頓着です。つまり、手帳は「時間の家計簿」と言えるかもしれません。

お金については「毎月いくら使った」と記録をしている人は多いかもしれませんが、時間については「何に何時間使った」ということを記録している人は少ないものです。ここから、手帳のもつ本質的な役割が見えてくるのではないでしょうか。

 

手帳の種類と選ぶポイント

230594617

手帳には時間の家計簿という役割があることが分かりましたが、では、実際にどんなタイプの手帳を選べば良いのでしょうか。

市販されてる手帳には大きく分けて「マンスリー」「バーチカル」「ウィークリー」「レフト」「ダイアリー」などがあります。予定が少ない人はマンスリータイプ、一週間サイクルでスケジュールを立てる人はウィークリーやレフト(左側に一週間の予定、右側にフリースペースを書き込めるタイプ)といった選び方が一般的です。

また、営業職などで外出が多い人は、「携帯性」を最も重視するべきでしょう。スーツの胸ポケットに入るサイズの「レフト」や「ウィークリー」が営業マンに人気です。

逆に、内勤作業で場所の移動が少ない人は、携帯性よりも、毎日の作業の時間配分を把握できる様に、書き込める情報量が多い「ダイアリータイプ」がお勧めです。ただしダイアリーサイズとなると、1日あたり見開き1ページタイプのものが多いため、サイズとしてはほとんどノートと変わりません。

 

手帳には「目標の進捗と改善点」を記録する

307853351

では、「今年の目標を達成するため」といった目標の進捗管理ツールとしては、手帳に何を記録すればよいのでしょうか。そもそも目標は複数あって構いません。ただし、目的は一つです。ゴール到達のために「通る道」が目標だと考えると分りやすいかもしれません。「たくましい体になる」というゴールがあれば、それに向かって毎日行う筋トレメニューの消化状況などを手帳に記録していくのも有効です。その他、「ゲームに費やした時間」「飲み会に参加した時間」「テレビを見た時間」など、本来なるべく控えなければいけない時間についても記録することで、家計簿と同じように自制するきっかけとなります。週末や月末に「1週間、1か月」を振り返ることに手帳を使う意味があります。「スケジュール」と「自分日報」という2つの役割を意識して手帳を使うことで、1年がとても有意義なものになるはずです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ