ナンバー2にみる、挑戦することの大切さ

  • 2016/04/18
  • ビジネス
  • 128view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 教育
  • ビジネスマン
  • 人生
  • 偉人
  • 成功術
  • 著名人

勝負の本質は敗者にあり

370280201

野球のイチロー、競馬の武豊、将棋の羽生善治…どんな世界にも存在する憧れの存在、絶対王者・スーパースター。
厳しい勝負の世界に身を置きながら、勝ち続ける姿はカッコイイですよね。
ヒーローたちはその世界の象徴として、常にスポットライトを浴び続け注目されます。
しかし、スターの存在がその世界の華である一方、勝者の裏には陽の目を見ることがない敗者が存在することも忘れてはいけません。
勝負の醍醐味は、その王者に挑み続ける挑戦者の方にあるともいえます。
ここでは王者に挑み続けたナンバー2の物語をご紹介します。
チャレンジ精神に溢れたその思考は、私たちに勇気を与えてくれます。

303124766

 

 

土井宏昭

この名前だけ聞いて何の選手か、どういった人物か分かる人はどれだけいるでしょうか。
土井宏昭さんは、ハンマー投げの選手。
ハンマー投げといえばオリンピック金メダリスト、室伏広治の名を真っ先に思い浮かべる人がほとんどだと思います。
土井選手はその室伏選手の下で日本選手権9年連続で2位という、まさしく辛酸をなめ続けてきた選手です。
年齢は土井選手がわずかに4歳下、室伏広治ひとりがいなかっただけで日本選手権9連覇、オリンピックのハンマー投げ日本代表選手に選ばれていたことになります。
圧倒的王者を前に挑戦を諦めてしまいそうなものですが、土井選手はハンマー投げを続けるために勤めていた会社を辞め、競技を続けました。
「室伏さんが太陽なら、僕は月」、王者の力を認めながら挑戦を止めない男のことばは胸に刺さります。

 

参考:ハンマー投げ「9年連続2位」の悲哀 絶対的1位の陰で陽の目を見ない人がいる|ガジェット通信 

 

 

長井淳子

396352375

幻のオリンピック選手と呼ばれた柔道家、長井淳子。
柔道一家に生まれ、高校生の時には高校選手権で優勝して全国制覇を達成、将来を嘱望される選手となります。
しかし、その頃同じ48kg級に2歳下の天才少女が現れます。
それがヤワラちゃんこと、田村亮子選手。
初対戦となったのは長井選手が大学一年の時、バルセロナ五輪の最終選考会決勝で敗れた長井選手はそれ以降田村選手と9度対戦しますが、結果は10戦10敗。
生涯一度も勝利をすることはできませんでしたが、これだけ数多く田村選手と対戦して一本負けを喫していないのは長井選手ただ一人です。
長井選手は田村選手が出場していない大会では圧倒的な成績を残しており、そのため階級を上げることも考えたようですが、結局は柔道人生を通して田村選手に挑戦し続けました。
金メダルを手にする感動がある一方、絶対王者に挑み続けることで与えられる感動もあります。

 

参考:谷亮子の陰に隠れた天才…女子柔道「長井淳子」とは? – NAVER まとめ

 

 

メイショウドトウ

王者に挑み続けたナンバー2は競馬の世界にも存在します。
それが、20世紀から21世紀にかけて活躍したメイショウドトウ。
同世代には年間無敗を達成した世界の賞金王、テイエムオペラオーがいました。
メイショウドトウはGⅠレースで、テイエムオペラオーの連続2着になること実に5回。
あと一歩が届かないレースが続いていましたが、不屈の魂で戦い続けることGⅠ六戦目、2001年の宝塚記念でとうとうオペラオーを下してGⅠホースとなったのでした。

この記事につけられたタグ

  • 教育
  • ビジネスマン
  • 人生
  • 偉人
  • 成功術
  • 著名人

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ