カッコいいだけではない英語を習得する3つのメリット

  • 2016/02/25
  • ビジネス
  • 136view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 教育
  • ビジネス
  • 学習
  • 海外旅行

メリットは誰しもある

英語を勉強する動機として、仕事上必要であったり、何となくモテる気がするから、外資系企業への転職を考えているから、など、それぞれ理由があるかと思います。多くの日本人は、「英語が出来ないとこのグローバル化社会についていけない」「会社の同僚はほとんど話せるので自分だけ話せないのは恥ずかしい」など、コンプレックスや必要性に迫られて習得するという人が多い様です。特に英語に苦手意識をもつ日本人男性の割合は顕著です。

ここでは、仕事で必要なくても、「英語をマスターするメリットは全ての人にある」という事を改めて紹介したいと思います。

 

 

世界人口の25%が英語を話す

298881359

ご存じのとおり、英語を母国として使用する人口の割合4人に1人です。世界の約25%が英語を読み書きできる計算になります。日本で生活する分には、さほど英語の語彙力がなくても困りませんが、インターネットで情報を得る際、最近では世界の人々がyoutubeのコメント欄へコメントしたり、ニュースについての見解を発信したりします。

また、世界から日本がどう見られているのかを知るうえで、日本語で書かれたwebサイトしか見ることが出来ないのは勿体ないといわざるを得ません。

 

 

英語を習得すると別人格が得られ人生が変わる

137709458

英語をマスターした多くの人が、「英語を話すときと日本語を話すときでは性格がちがう」といいます。

英語に限らず、バイリンガルは一種の多重人格であることは既に有名ですが、これは、文法の違いが関係しています。日本語は「私は~という訳で~であり、○○しました」という様に、述語が最後に来ます。対して英語は「私は○○した。何故なら~」と、需要な情報が先にきます。ここに大きな違いがあり、英語を話す際は、どうしても結論を先に述べることになり、物事を簡潔にはっきりと言う性格へと繋がるのです。

文法がすべてとは言いませんが、人格の形成に大きく影響していることは間違いありません。

 

 

情報の選択肢が広がり視野が広がる

74050948

最も重要だといえるのが、日本語による情報にしか触れない私たち日本人は、世界の情報を隠されているとっても過言ではありません。例えば福島第一原発の現状がどの様に認識されているかは日本のメディアにより「意訳」された情報のみです。

この様に、世界が発信するニュースを原文のまま知ることは、情報操作によるミスリードから身を守る手段でもあります。

この記事につけられたタグ

  • 教育
  • ビジネス
  • 学習
  • 海外旅行

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ