多くの人が知らずに損をしている医療費控除

  • 2016/01/22
  • ビジネス
  • 172view
  • YAZIUP運営
タグ

サラリーマンができる節税のひとつとして

「医療費控除を適正に活用する」という方法があります。

しかし多くのサラリーマンは、「医療費控除なんてやってるよ」「でも10万円も医療費を使っていないよ」という感想ではないでしょうか。

医療費控除は、年間で10万円以上の医療費がかかった場合、10万円を超えた分(該当する年の総所得が200万円の場合は医療費の5%)の金額が、所得控除の対象となります。

この医療費とは病院での保険診療や入院のみが対象と思われがちですが、ここでいう「医療費」は、他にもあるのです。

 

 

市販薬の購入費も医療費となる

158254271

ドラッグストアで購入できる風邪薬などの費用も、医療費控除の対象となります。

もちろん、家族の分も対象となるので、「子どもが熱を出したので風邪薬を買った」という場合や、ちょっとしたスリ傷を負ったときに買った「絆創膏」や「消毒液」なども対象です。

また、花粉症の人は、耳鼻科へ通院するのが一般的ですが、時間がなく市販薬を購入して花粉症シーズンを乗り切るという人もいるかと思います。この鼻炎薬の購入費用も、医療費控除の対象となります。

 

 

病院への交通費も対象

278540879

通院の際に利用した電車やバスなどの「交通費」も、控除の対象となる「医療費」として計上できることは、意外と見落とされがちです。

自宅から徒歩圏内の病院へ通院している場合はこの限りではありませんが、体調が悪く、病院までタクシーを使用した場合も、その医療費として計上できますので、忘れずに領収証を取っておきましょう。

 

 

サプリメントは対象外

309737168

ドラッグストアで買える市販薬も医療費として計上できると述べましたが、サプリメントや健康食品などの「予防のための商品」は対象となりません。

あくまで、病気や怪我など、症状の治療に使われるものでなければ医療費として認められないので、この点は注意が必要です。

 

 

確定申告を忘れずに

289767830

医療費控除を受けるには、サラリーマンであっても確定申告をすることが前提となります。これにより、会社からの源泉徴収により「取られ過ぎた所得税」の還付を受けられる可能性が出てきます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ