YAZIUP CLUB会員募集中

いま地方議員があれこれ心配なニッポン

  • 2017/09/12
  • ビジネス
  • 23view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 教育
  • ニュース
  • 不倫
  • 政治
  • 教育
  • 時事

神戸市議会で再注目のトンデモ議員

自民党の衆議院議員である今井絵理子代議士と手をつないだりして話題になった神戸市議会議員の橋本健氏は、印刷代にまつわる不正疑惑が指摘される中、辞職願を郵送して受理され、いまでは元市議となっています。

この件では、関係者に口裏あわせを求めるメールを送ったなどと報道されており、印刷したとする活動報告書の分量が多すぎることや、印刷代の高さ、余ったとされる印刷物がどこへ消えたのかなど疑問が噴出している中での辞任でした。しかも、辞任後にも別の不正疑惑が浮上するというハチャメチャ振りです。今度の疑惑は、報告ビラのはずなのにデータが出されずに名刺や封筒を印刷したというもので、神戸市議会では政務活動費の支出が認められない用途となります。

今井絵理子代議士との不倫で話題になった元神戸市議会議員の橋本健氏は不正まで働いていた

さらに、神戸市議会では他にも「自民党神戸」議員3名が詐欺で起訴され辞職したばかり。ちなみに、今井代議士にはビール券ばらまきなどの問題が浮上しており、いったい何を考えているのかというところです。
※比例代表選挙区とは全国区であるため、どの地域の有権者であろうと選挙区の有権者となります。選挙区の有権者にビール券を配っちゃだめです。

少し前にあった「号泣議員」も含めて、地方議員の問題は少なくありません。え?それって、全部兵庫県でのできごとじゃないの!と思うオヤジもいることでしょう。しかし、困った地方議員は兵庫県だけにいるわけではありません。

 

なぜこんなことになるの?

さて、ではどうして地方議会にはこんなに不正をはたらく議員がいるのか?

どうして地方議会にはこんなに不正をはたらく議員がいるのでしょうか

ひとつには、地元密着過ぎる事情があるでしょう。そして、もうひとつは所詮は地方議会だからという国民・住民側の議会軽視があります。

まず、地元に密着しすぎると同じ人が議員になることが当たり前になりやすい面があります。年々地方議員のなり手が少なくなっているともいわれており、長く議員をやっていると、そこに汚職の土壌が生まれるのは仕方ない面があります。それに乗っかるかどうかは本人次第ですが。これは、国会議員でも似たような部分があります。しかし、国会議員は注目度が段違いですから、あまりにお粗末な不正は少ないと思われます。

そして、所詮は地方議会だという点ですが、オヤジ自身がわが身を振り返ったとき、国会議員の選挙には行くが、地方議員の選挙には行かないという人も少なくないでしょう。ところが、地方議会議員選挙の投票率は必ずしも低いものではないようです。それを支えているのは、まさに地域密着議員への投票を欠かさない高齢層の存在でしょうか。

また、人数の多さにもよるでしょうが、自分の市区町村の議員の名前をどれだけ知っているでしょうか?下手をすれば、自分が投票した議員の名前さえ忘れたなんてことも考えられます。そこまでではなくても、投票した候補者が当選したあと、どのような活動を行っているかについて関心を持っているかと問われたらどうでしょう。

地方議員は数が多いからこそ、国会議員よりはるかに注目度が下がります

地方議員は数が多いからこそ、同じように興味が薄くても国会議員よりはるかに注目度が下がります。その結果、不正をはたらく連中が生まれるとしても不思議ではありません。自由と民主主義を守るために、オヤジたちは議員の状況に気を配る必要がありそうです。

その前に、地方議員を選ぶときこそ、誰がやっても同じだとか、国政じゃないから誰でも良いというのではなく、真剣に考えましょう。

この記事につけられたタグ

  • 教育
  • ニュース
  • 不倫
  • 政治
  • 教育
  • 時事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ