記事制作方針ガイドライン

こうしたら部下が育った

  • 2015/12/22
  • ビジネス
  • 189view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 教育
  • ビジネスマナー

叱るのは少し、基本は褒めて成長させましょう

優秀な指導者は社員の教育も完璧にこなします。仕事のできる貴方からすれば、失敗ばかりする社員は悩みの種。
しかし大勢の前で叱ったりするのは逆効果です。本人のモチベーションを上げる言葉をかけつつ「期待している」ことを前提に叱りましょう。

158714978

 

 

自分の意見を押し付けないようにしましょう

上司だからといって余計な口出しをしたり、意見を押し付けてばかりいると、部下は自ら動けなくなり成長しません。進行状況の確認や、内容を把握することは必要ですが、相手の意見を尊重し待つことも必要です。

137022785

 

 

カバーしようとせず、はっきり教えるのも親切です

過剰に新人を擁護したり、失敗をなおしたりするのは親切ではありません。会社として教えるべきことは伝え、相手が成長することを助けてあげましょう。
社員にとって知らないことは恥なのです。

157707896

 

 

相手の話を聞き、問題を解決に導きましょう

何か問題が起きる前に、相手からマメに話を聞きだし、うまく内容をまとめさせましょう。自ら答えを出すことで社員の成長もスピードアップします。
また相手を知ることは、良いコミュニケーションになります。

73189624

 

 

失敗を繰り返す社員に必要なものとは何か考えましょう

誰だって失敗はしたくありませんが、上司が先回りをしていては部下は成長しません。ミスをするのは何故かを知り、後始末をするのではなく、解決に必要なものを見つけてあげましょう。

133009793

 

 

自分自身を柔軟にすれば、どんな人ともうまくいきます

自分の新人時代の常識と、今の社員の常識は違うということを頭にいれ、価値観を押し付けないようにしましょう。会社のルールやマナーは徹底させるべきですが、新しい意見にも耳を傾けることも必要です。

165916172

 

 

自分自身も先輩のアドバイスをもらいましょう

会社により状況も違うので、教育がうまくいかない場合があります。そんな時は自分を育ててくれた先輩の行動を思い出して真似をするのも方法です。
また身近に相談相手がいる場合は頼ってみるのも良いでしょう。

269300465

 

 

自分の新人時代の時のことを思い出しましょう。失敗したことも腹が立ったことも、はじめて成功して褒められた時のことも。
人を教育するのは大変なことですが、自分自身を教育すると思って取り組めば、新人の気持ちを理解できる素敵な上司になることでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 教育
  • ビジネスマナー

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ