大人が効率的に英語を習得するための方法論

  • 2016/11/15
  • ビジネス
  • 143view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 教育
  • コミュニケーション
  • 会話
  • 教育
  • 海外
  • 言葉

日本人が英語を苦手とする理由

96403217
日本人は学校で文法ばかり勉強しているから「使える英会話」が身につかないと指摘されてるようになりましたが、学問として勉強することが当たり前になっているせいか、あまりにも難しく考えすぎているのかもしれません。

 

英語をなぜ習得したいのか

439205587
日本では常に「グローバル化についていくために英語は必須だ」などと、なかば強迫観念の様に「とにかく英語をマスターしなければいけない」という風潮がありますが、動機がなければマスターする必要はありません。「英語が読めると海外の人気サイトやニュースを読める」などのメリットに惹かれるかどうかです。世界で活躍する俳優やアスリート、ミュージシャンなど、著名人で英語をマスターしている人は、必要だから英語を習得しているにすぎません。もちろん、「カッコイイから」という動機だけで楽しく英語を学べる人であれば、それに越したことはありませんが、実際は「英語を学ぶ必要性」がなければ、継続は難しものです。

 

英語で会話をしたい場合

459222919
英語を学びたい動機がハッキリしているのであれば、その学習方法も決まってきます。例えば、「会話」を重点に置くなら、リスニングが中心の勉強が必要になります。学校のテストの様に、1万語の単語を読み書き出来ても、また、難解な文法ルールを知っていても「実際に英語で外国人と会話する」というシーンではあまり役に立ちません。もちろん、語彙力でカバーできる部分が大きいことは否めませんが、ネイティヴの話す英語のスピードについてけなければ、知っている単語すら聞き取れないのが現実です。

では、英語を「聞き取れる」「話せる」様になるにはどんな学習が効果的でしょうか。世の中には、英語に関する色々な学習方法や教材がありますが、リスニングとスピーキングの学習には、シャドーイングと呼ばれる手法が効率的です。

 

シャドーイングとは

シャドーイングとは、英文スクリプトを見ずに、英語の音声を聞いた後に数秒(またはコンマ数秒)遅れて、重なる様にして「声に出して真似をする」学習方法です。英語の音声に対して「影」のように後をついていくイメージから「シャドーイング」と呼ばれています。「カエルの歌」の輪唱に似ています。

 

シャドーイングは難しい

511219498
しかし、実際に試してみると、初心者にとってシャドーイングは非常に難しいことが分かります。「英語という音声に慣れる」ためとはいえ、土台となる英語の基礎的な知識がないと、単に「小さな子供がおかしな言葉の覚え方をしている」のと大差ありません。どうしても「聞き取れない」「何を言っているのかさっぱり分からない」という場合、教材となる音声が自分のレベルに合っていない可能性があります。

その場合、中学英語レベルの基礎力を身に着けてからシャドーイングする方が効果が出やすいはずです。本来、「日本語で説明された英語テキストや音声教材」というのは、いわゆる「日本語で思考する」弊害があるため、最近の英語学習では推奨されていませんが、基礎がないのに、いきなりシャドーイングを試みるというのは、九九をマスターしていない子供が2ケタのかけ算をする様なものです。

この記事につけられたタグ

  • 教育
  • コミュニケーション
  • 会話
  • 教育
  • 海外
  • 言葉

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ