YAZIUP CLUB会員募集中

国民が忖度どころか発言を自粛しなければならない社会?

  • 2017/12/06
  • ビジネス
  • 25view
  • YAZIUP運営
タグ

マスコミにはオヤジも恐れ入る

今年のマスコミのキーワードともいえる単語に「忖度」があります。安倍総理大臣の心の声?を察知して、お友だちの仕事に便宜を図る役所という構図を前面に掲げて、忖度だ忖度だと野党と一丸になってやっています。それで忖度の事実が掘り出されているのなら流石ですが、まったくそうした事実は確認されていないという不毛さには恐れ入ります。

今年のマスコミのキーワードともいえる単語に「忖度」があります。

もっとも、安倍さん・自民党サイドの対応もベストとはいえません。政治ですから、必要以上と思われる対応をしなければならないこともあります。野党がぐうの音も出ないほど、やり過ぎの説明をすればここまで引き伸ばすこともなかったでしょう。悪魔の証明はできなくても、証人喚問でも参考人招致でもなんでも受けて立てば簡単に終わります。それをしないから、何か隠しているのかと思われる部分があります。

野党のみなさんが、政権・与党の悪事を暴いてくださるのなら、国民であるオヤジたちには何の文句もないどころか拍手喝采するというものです。まっとうな政治をやってくれるなら、政党なんてどこでも構わないわけですから。もっと頑張れよ野党というところでしょうか。しかし、野党がこの調子では、与党もよくなりません。

それはともかく、いまはマスコミや一部国会議員のために、一般国民が忖度どころか言論自粛をしなければならない事態に陥りつつあるといえるでしょう。オヤジが思ったことを発言すると、名誉毀損だなんだと訴えられる危険性を感じる世の中です。

刑事訴訟では無罪、民訴訴訟では請求棄却となったとしても、訴えられるだけで人生が終了する可能性があります。

刑事訴訟では無罪、民訴訴訟では請求棄却となったとしても、訴えられるだけで人生が終了する可能性があります

本当に訴える議員がいるのか?

国会議員は思い切り公人と呼ばれる存在であり、一般のオヤジとは受忍限度が異なります。少々のことをいわれても、簡単に名誉毀損だとはなりません。だからこそ、いろいろな報道が可能であり、批判もできるわけです。現在では、個人のブログや掲示板での書き込みも可能です。

しかし、厳密にいえば名誉毀損の最終的な判断は裁判所が行うわけです。したがって、「この発言は裁判所においても名誉毀損とは判断されない」と予測することは困難な側面があります。そうすると、これはいわないでおこうという自粛ムードが流れます。

特に、好戦的な議員が現れては、判決はともかく、訴えられるリスクを感じるもの無理からぬことです。いや、線引きはマスコミの取材や国会での追及に対しての話であり、一個人のオヤジが何を発言しても気にしません!というかもしれません。とはいえ、訴えられない保証もありません。

野党は与党を巻き込んで、国民が自粛することなく、自由な意見や批判を述べられる国を目指すことが重要です。

なんでもかんでも好き放題に発言するとか、誹謗中傷をするなどは論外ですが、おかしなことへの批判は遠慮なくするべきなのです。しかし、相手を見て自粛してしまうもの弱者のカナシイところでしょう。

野党は与党を巻き込んで、国民が自粛することなく、自由な意見や批判を述べられる国を目指すことが重要です。与党に向かって叫ぶのも結構ですが、国民からアブナイ奴だと思われてはいけません。

え?本当に訴える議員なんていないって。それはよかった!

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ