YAZIUP CLUB会員募集中

勝ったのは国民か?2017年衆議院議員総選挙の結果

  • 2017/10/31
  • ビジネス
  • 47view
  • YAZIUP運営
タグ

衆院選で勝ったのは誰?

ご存知のように、10月22日投開票された衆議院議員総選挙の結果、自民党と公明党の連立政権与党が過半数どころか2/3を超える議席を確保し、安倍政権打倒を叫んでいた野党各党は撃沈してしまいました。安倍政権打倒が政策では勝つほうがおかしいのですが…。

衆院選で勝ったのは誰?

しかし、ついこの間まで実在した民主党政権は、自民党一党支配ともいえる状況で、あちこちに歪みがでていたことに嫌気した国民によって誕生したものでした。ただ、あのときは曲がりなりにも政策論争がありましたし、このままでは駄目だとの危機感や閉塞感があったことも事実です。ところが、今回の衆議院議員選挙では安倍政権さえ倒せば、ただただ安倍政権を倒す!というイメージが先行しました。そのためには、自民党の大物を担ぎ出すとかなんとか。

そこに登場した希望の党も、小池代表自体がブラックボックスと呼ばれるわ、排除だのさらさらだの踏み絵だのと。挙句の果てに、自公政権打倒から立憲民主党打倒へチェンジか?と思わせるなどもうぐちゃぐちゃで、まともなオヤジとしては野党の混乱振りには困惑したことでしょう。

結果として、勝ったのは誰だったのでしょうか。安倍さんでしょうか。確かに、議席的には安倍さんの勝利といっても問題はなさそうです。また、突如として誕生して野党第一党となった立憲民主党・枝野さんこそが勝利者と考える向きもあります。それも間違ってはいないでしょう。

議席的には安倍さんの勝利

 

本当の勝利者は日本国民

そんななかで、本当の勝利者は日本国民だとする見解があります。この見解に立つオヤジは少なくなく、理由は様々のようです。

まず、安倍政権さえ倒せば良いとする勢力に勝たせなかったことが勝利だとする意見です。中身が見えない政権交代をする危険性を知っていればこそというところです。

次に、与党の圧倒的多数によって、野党乱立による政局の混乱を回避できたとする意見です。自民党に手を突っ込んでどうこうという話も消えてなくなりました。

さらに、安定した自公政権を存続させたことが勝利だとする意見です。こちらは、自公支持者に多いと考えられます。

もうひとつ、ブームで選挙に勝てるものではないし、政治はそんなに軽くないことを示せたことが国民の勝利だとする意見があります。

もっとも、希望の党・共産党・社民党・立憲民主党、その他に投票した国民からみれば、面白くない状況かもしれません。もちろん、自公へ投票した国民の中にも満足していない人はいるでしょう。

本当の勝利者は日本国民

いずれにしても、次回の選挙からは、まじめに政策を訴え、その実現に努力する姿勢を見せてもらいたいものです。また、メディアは政策よりも政局をメインに報じることの弊害を考えなくてはいけません。今回、必ずしも政策を訴えていないわけではない部分もありますが、目立つのは政局ばかりだったように感じます。

そして、オヤジを含めた国民にも、真剣に選別をする責任があります。不思議なのは、言行不一致の候補者が当選しているのではないかと感じる選挙区です。真剣ではあっても、選別基準が人によって異なります。なかなか難しいところではありますが、政治を左右する話になります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ