それもパワハラ!?部下に対する対応に悩む上司が急増中

  • 2016/03/15
  • ビジネス
  • 210view
  • YAZIUP運営
タグ

急増するパワハラ物議

近年、何かにつけて「パワハラだ」という新人社員や部下が増加しています。
そういった社員に対する対応に悩まされている上司も多くなっており、最近はちょっとした問題となっていますね。

実際、昔はパワハラと言われなかったことも、現代の若手にとってはパワハラだというものも多くなっているので、下手に叱れないという状況もあります。
怒れない上司が増えることによって、新人が結局育たず、会社としても有力な戦力を失っていくこととなっています。
これはある意味、会社にとって大きな問題ですよね。

 

アドバイスと説教の線引き

321333917
上司にとってはアドバイスのつもりで言ったことも、部下にとっては説教だと捉えられてしまうことも多々あります。
「その仕事はこうするべきだ」と教えているつもりが、いつのまにか部下の不信感を煽り、最終的には「パワハラだ」なんて言われてしまうこともあるようです。

特に近年の若い社員などは、アドバイスを「説教された」「怒られた」「否定された」と解釈してしまうことが多いです。
昔はそういったアドバイスも気軽に出来たのですが、現代はなかなか言葉にして伝えることができない状態も続いていますね。

最初に「これはアドバイスだけど」と付け足しておくと良いかもしれません。

 

お願いと命令の線引き

275814041
仕事中「これコピー取っておいて」という上司に対して、「今自分の仕事で忙しいので他の人にお願いします」という部下。
「いや、新人なのだからコピーくらいしてくれ」と上司が言うと、「それってパワハラですよね」という新人社員。

近年、お願いと命令を間違えている若手社員も多くなっています。
上司がお願いしても言うことを聞いてくれないことがありますし、無理に言うことを聞かせようとしようものなら、直ぐに「パワハラだ」と騒ぎ立てる方もいますね。

下手に出る必要はないですが、頼み方にも気を遣うことが必要かもしれません。

 

パワハラになってしまう飲み会参加

127766126
近年は強制的に飲み会に参加させることは、パワハラになってしまいます。
また、強制的に飲むことを強要した場合は、アルハラ(アルコールハラスメント)になります。

本来、コミュニケーションのつもりで行っていることが、若手社員にとってはパワハラだと感じてしまうこともあるので、十分注意しておくことが必要となりますね。
もちろん、そんなことを言っていると何もできなくなってしまうのもわかります。

問題児ばかりではない若手社員ですが、中にはパワハラを盾にする人材もいるので、扱いには十分気を付けて、大人の対応を見せましょう。
急増するパワハラ問題ですが、もちろん真面目に働いてくれる若手社員も多いです。
上司と部下の関係がどのようなものなのかを、今一度考える姿勢が必要なのではないでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ