中堅ビジネスマンでも間違えがちな言葉集

  • 2016/02/11
  • ビジネス
  • 121view
  • YAZIUP運営
タグ

新入社員じゃあるまいし

130481906

言葉遣いなんて間違えるはずないじゃない――そう、お考えの方が大半だと思います。

でも、ちょっと待ってください!そうお考えになるのは以下の文章をお読みになってみてからでも遅くはないのではないでしょうか。

実際、読んでいただければ「頭では理解していたつもりだけど、そういえばオレ、この言葉使っていたかも?」というモノがきっと出てくるはずです。

 

 

自分の言葉遣いに自信がない人が80%

149173502

あるビジネスマナーに対する調査によれば、自分の言葉使いに対して自身がない、と答えた人が全体の80%に上るという結果が出ています。

年代別にみても30代以上の実に70%がやはり自分の言葉遣いに対して自信がない、との回答になっています。

日本語は尊敬語、謙譲語など様々な表現が豊富で世界的に見ても習得するのが難しい言語であるといわれていますが、外国人のみならず我々日本人、しかも社会では中堅どころといわれている世代にとっても同様のことがいえるのではないでしょうか。

言葉使いはビジネスの局面において大変、重要な要素を占めるのはいうまでもありません。従って正確な言葉使いを心掛けるのはビジネスマンとして当然のことでもあります。

誤った敬語の使用などは、場合によってビジネスパートナーとしての信頼を相手から得られなくなる可能性すらある、といえるのではないでしょうか。

 

 

気が付かずに使ってしまっている誤った言葉遣いベスト3

それでは、実際にどのような言葉が誤った使い方なのでしょうか。非常に多くの例がWEB上には紹介されていますが、ここではそれらの中で厳選したものをお話しします。

 

 

いつもお世話さまです

273939962

「ご苦労様です」という言葉遣いが目上の方に対して失礼に当たる、というのはお聞きになられたことが多いのではないか、と思います。

では、この言葉はどうでしょう? よく使っていませんか? あるいは取引先などからもこの文面で始まるメールなどをよく目にしませんか?

おそらく書いていらっしゃる皆さんは本来の「いつもお世話になっております」という言葉は、頭の中にきっちりインプットがなされていると思います。

ただ、ついつい親近感を込めて、あるいは略して、といった意味合いで「いつもお世話さまです」と書かれているのではないか、と思います。

実はこの言葉、ビジネスマナー的には×なのです。本来の「いつもお世話になっております」を使うようにしましょう。

 

 

お座りください

315310817

え? これも? とお感じになられた方がほとんどではないでしょうか。

日本語としては確かに間違ってはいないのですが、犬の「お座り」を連想させるとして、ビジネスシーンでの使用はNGとされています。

 

 

拝見させていただきました

144790795

これも非常に耳にすることが多いのではないでしょうか。この言葉は②と違って、日本語としても間違っています。

「拝見」の拝という字にはすでに敬語の意味が含まれていますので「させていただく」と付けてしまうと二重敬語となって、日本語としておかしな言葉になってしまいます。正しくは「拝見しました」となります。

結構、無意識に使ってしまっている言葉ではないか、と思われますが日本語として正しくはない、という点においてある意味②よりも恥ずかしい言葉遣いかもしれませんね。

 

 

上記以外にもビジネスシーンにおいて使用されている間違った言葉遣いはまだまだたくさん存在しています。

ここでは、本当によく目にして、しかも本来の言葉遣いを頭では理解しているのに、ついつい使ってしまっていそうな言葉だけを厳選してみました。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ