これもセクハラ?気を付けたい女性に対する言動3選

  • 2016/02/08
  • ビジネス
  • 306view
  • YAZIUP運営
タグ

普段言ってませんか?

仕事をしていると、女性社員との交流が必要となってくることも多くなりますよね。
特に近年は働く女性が増えたことによって、色々と女性とのトラブルに発展してしまう男性ビジネスマンも多くなっています。
トラブルはないに越したことはないので、言動には十分気を付けておきたいですね。

特に気を付けておきたいのがセクハラ発言です。
男性はそんな風に思っていなくても、セクハラと捉えてしまう女性も多いので、十分気を付けておくことが必要となります。
その“うっかり発言”がトラブルのもとになるかもしれません。

ここでは、セクハラになる女性に対する言動をまとめます。

 

 

「早く彼氏作れ」「早く結婚しろ」

233823592

代表的なセクハラ発言が、こちらとなりますね。
女性からすると、これほどまでに「余計なお世話」という発言はありません。
当然、言われた女性はショックですし、心に深い傷を負ってしまう可能性もあります。

男性の中にはスキンシップとして発言する方がいますが、「彼氏を作れ」「結婚しろ」というような内容は相手の状況を考えずに発言しているとしか言えません。
女性によっては男性が苦手で付き合えない人もいるかもしれませんし、事情があって結婚できない場合もあります。

ビジネス社会において、こういった低俗な発言をするのは、避けておきたいところですね。
当然、逆に立場になってみるとわかるのですが、中にはわからずに発言してしまう方も多いのが特徴です。

 

 

「太っているな」「痩せすぎだよな」

171632993

女性のスタイルに関する発言もセクハラとなってしまうことがあります。
もちろん男性は冗談のつもりで言っているかも知れませんが、女性にとっては深い傷を負ってしまうこととなります。

基本的に傷が深すぎるという方は、当然男性に対してセクハラの訴えを起こすことでしょう。
軽はずみな発言によって、相手の女性を傷つけてしまった場合は、名誉棄損にもなる可能性も孕んでいます。

特にふくよかな女性に対して、「太っているな」と発言したり、痩せている女性に対して「ガリガリだな」と発言したりするのは厳禁です。
今時の中学生でも言わないような悪質なセクハラ発言となってしまうので注意して下さい。

 

 

露骨な下ネタ

243411952

ここには書けないような、露骨な下ネタを発言する男性も多いのではないでしょうか。
同性同士の飲み会であれば、ある程度は許容範囲かもしれません。
しかし、女性がいる前でそういった下ネタ発言をするというのは、男性として以前に人間としての品格を問われてしまうかもしれません。

自分は「軽はずみは発言だ」と思っているかもしれませんし、ジョークのつもりで発言したという方もいることでしょう。
しかし、女性にとっては不快極まりない発言となってしまいます。

表面上では「○○さんったらー」と流してくれるかもしれませんが、内心では「この人とは二度と絡みたくない」と思われてしまうかもしれません。
あくまで可能性の話ですが、場合によっては同性からも嫌われてしまいます。

 

 

軽はずみな言動は、社会人の男性としては避けておきたいところですね。
セクハラは本人が違うと思っていても、他人からはセクハラだと思われていることが多いです。
特に仕事真っ盛りのベテラン社会人になってくると、そういう発言も多くなるので注意しましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ビジネスの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ