YAZIUP CLUB会員募集中

宴の席で突然上司の方が激怒してきた時の対処法

  • 2017/12/23
  • ビジネス
  • 39view
  • YAZIUP運営
タグ

お酒の力を借りて元気を出す上司

お酒の力を借りて元気を出す上司
宴会でお酒が入ると急に元気を出す上司は、宴会にはセットになっていると思っている人もいるかもしれません。
それくらい上司は宴会でうっぷんを晴らしたいかのようです。
これはある種の脳の老化現象かもしれません。
既に中年であれば、だんだんと気配りをすることが面倒くさいと感じるのは経験もあってまだ理解はしやすいでしょう。
それがさらに進んで、宴会なんだから、俺は上司なんだからと自分の価値観で人を見下す始末になってしまっているのです。
ここで宴会場が修羅場と化すかと思いきや、そこは軽く正しいリアクションさえしておけば丸く治められもします。
それはとても軽いリアクションですので、誰でも出来るようなものなのです。

 

酒宴が乱れそうになった時の基本的心構え

酒宴が乱れそうになった時の基本的心構え
・基本、マイペースで楽しむ
ただ悪酔いをしているだけだと、気にしないのが基本です。
酔っ払いなどは、変に真面目に応対する必要も無いのです。
何か言われてそれはあーだこーだとバカ正直に受け答えていては、怒った上司の望むべく展開となってしまいます。
相手のペースに持ち込まれないためにもマイペースをキーワードに肌身離さず忘れないようにしておきたいものです。
激怒して来ようが「ここは楽しい宴会場だから」と客観的に他人事のように眺めていれば良いのです。
その場の空気を壊すような応対はいけません。

・話しがわからないのが困るところ
怒っている原因は怒られている方にとっては、ほとんど意味不明であったりします。
話を聞いていても、そんなつまらないことでどうして怒っているのかわからないことも多かったりするのです。
それは単に世代間での価値観の違いが原因にあったりもします。
若い人が年配者の価値観を理解してあげなければどうしようもありません。
年配者は若い人の価値観などはもう理解する能力も乏しくなっているからです。

・無視してもいけない
哀れな年寄りでも見るかのような目線を投げかけてしらけていてもいけません。
熱心に忠告をしてくれているのが、ちょっとコントロール出来ずに激しくなってしまっているだけだと理解しましょう。

 

具体的にはこうする

具体的にはこうする
宴会場などで怒りまくる上司は器の小さな上司に決まっていますので、さほど取り合う必要もありません。
でもしっかり上司ではありますので知らん顔をしてもいけず、まともに相手をしてもいけずでは実際、どうするのか、もっと具体的に掘り下げてみましょう。

・話を変える
怒っているその上司の得意な分野、趣味などを知っていればそこに話を投げかけてみましょう。
いきなりそんな話しには乗っては来ないかもしれませんが、それでも2度3度と繰り返していけば少しは態度も変わります。
「まあまあ、一杯どうぞ」と腰を低くしてやんわりお酒をついでしまいましょう。
まるで様子も変わらず「こいつには怒ってもまるで通用しない」と思われた方が身のためになるのです。

・他の人を巻き込む
怒られていても、他の同僚を捕まえて「それってどうなんだろう?」と意見を求めたりしてみます。
つまり自分の味方を増やす作戦です。
上司も怒る相手が増えてしまうとだんだん面倒くさくなるのです。
多勢に無勢を押しのけてまで怒りまくれるほど、肝の据わった上司はそれほど怒ったりはしません。

・上司の身の上話を聞く
「あれ、どうしちゃったんですか?」「何かあったんですか?」などと怒っている原因を上司の内面に求めてみます。
得てしてそれは当たっていますので、上司も思い当たる節があるものです。
ただ怒っている最中は、自分自身のことに気付いていないだけだったりするのです。
こうしていれば、動揺もせずに話を聞いてくれる良い部下に恵まれたなどと大切にされるかもしれません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ