記事制作方針ガイドライン

芸人も実践!雑談を盛り上げるエピソードネタ

  • 2015/12/21
  • ビジネス
  • 189view
  • YAZIUP運営
タグ

あの人は面白いと評判に。雑談力で人気者になろう!

 

私たちの会話はすべての雑談で構成されています。友人との会話はもちろん、ビジネス相手、近所の人の立ち話……雑談がうまくなると相手との距離がぐっと縮まります。雑談の目的は「楽しい時間を一緒に過ごすこと」。

 

バラエティーのトーク番組も雑談です。進行役(聞き手)とゲストがいて、何気ない会話のキャッチボールで進行していきます。雑談を楽しむ場合、進行役になることをおすすめします。役割は相手の言葉に反応することです。つまり、受け身からスタートします。

 

あなたが話のとっかかりになるキーワードを投げかけてみてください。たとえば、「趣味は何ですか?」「休日は何していますか?」「住んでいる場所、共通の友人など自分と相手の共通事項」などなどで相手の話への食いつき具合を感じてください。もしも、相手がその話題にのってこなかった場合は、次のキーワードを投げかけて、相手の動向を探ります。

相手が何かしら興味を持った話題を中心に、雑談を展開してください。

303004124

 

 

困った時に役立つエピソードネタとは?

 

何気ない会話、言葉のキャッチボールだけでは雑談は盛り上がりません。自分から場を盛り上げる方法があります。それはエピソードネタを用意しておくことです――自分の身の回りに起こったこと、友人の話をすることです。お笑いの世界、芸人はエピソードネタをいくつも用意しており、トーク番組ではその温めていた話を披露しています。

 

エピソードネタは短くて面白くなくてはいけません。話を作るときは6W3Hを意識することが重要です。「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「いくつ」「いくらで」「どのように」「なぜ」を強く意識してください。その際、場面設定をしっかりと伝えて、その状況を想像しやすくしておかないと、話の世界に入っていけません。

 

あなたの身の回りにいる面白い人と評価される人は、どんな話題になっても、短くて面白い小ネタを持っているモノです。忘年会、新年会シーズンでもあります。会話を盛り上げるエピソードネタをぜひ仕込んでみてはどうでしょうか。

 

160661273

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ