YAZIUP CLUB会員募集中

人前だと上がってしまう!そんなあなたが抑えるべきポイント3つ

  • 2017/01/03
  • ビジネス
  • 60view
  • YAZIUP運営
タグ

人前で上がっている時の感情

105108008

せっかく能力はあるのに、人前に出ると上がってしまってその能力を発揮できないと言う場面に悩まされるのは実に損をしています。
そんな上がり症を治すには、その原因となる感情を抑え込んでしまう事です。
それは不安感、責任感、自意識の3つがいずれも過剰にあるためによります。
そのそれぞれについて一つずつどうすれば抑えられるかを知ってしまえば、上がる事も無くなるでしょう。

 

 

自意識を内向きにする

398172898

自意識過剰と言う言葉は聞いたことがあるでしょう。
これは自分が周囲にどう見られているのかを過剰に気にする事です。
つまり自分への意識が高過ぎるとも言えます。
それも中途半端に人の目から見た自分を想像するものですから、余計なエネルギーを浪費するのです。
なかなかそこまで気にしながら上手に出来る事は誰しもあまりありません。
それよりも自分のやってる事をいかに上手に仕上げられるかに集中するべきでしょう。
自分の事で手がいっぱいで、人の目線なんか気にしている場合じゃないくらいの感覚でいた方が良いのです。

 

 

不安を当たり前とする

515034562

プレゼンテーション等では多くの重要な役職にある人々の目線を一手に引き受けます。
そこでは「これだけいれば、この内の何人かは低い評価をするかもしれない」などと余計な事を考えてしまいがちです。
そのために集中力が失われてしないはずの失敗をしてしまうのは、上がってしまっているからなのです。
そうでなくても普段通りに思っている事が滞りなく説明できるのか、そもそもの不安だってあるのです。
これらの不安はあって然るべきです。
それを無いものにしようとしてはいけません。
不安を無くすのではなく、適度な緊張感としてプラスの感情に転化させられれば大丈夫です。
人の評価も過剰に気にさえしなければ、くだけ過ぎずにきっちりするためにも良い事なのです。
実力以上の評価を得ようと背伸びすれば、そこに無理が来ます。
無理をしようとすればどうしても自信もありませんから不安になってしまうのです。

 

 

責任感をいい加減に持つ

417649960

真面目な人ほど責任感が強くて上がりやすい場合があります。
これはもう「肩の力を抜いて」と良く人にも言われているでしょう。
プロのスポーツ選手でもここぞと言う時に力が入り過ぎて、つまらないミスをするシーンはあちこちで見かけられます。
普段の適当なレベルでの練習試合でやってるように出来ていれば、何でもないものばかりでしょう。
大事な場面でもいつものようにリラックスしていつものようにこなせれば何でもないのです。
どんなシリアスな状況でもジョークを飛ばすアメリカ映画のヒーローのような感覚も参考になります。
ガムを噛んでくちゃくちゃしているプロスポーツ選手も決してふざけて遊び半分でやっているのではないのです。
ここで、もしも失敗したらその後どうなるかとか、無駄な事が頭をよぎるとますますマイナス方向に膨らんでしまってガチガチになってしまうのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ