二次会のカラオケを乗り切るにはどうすればいい?

  • 2015/12/10
  • ビジネス
  • 143view
  • YAZIUP運営
タグ

二次会のカラオケはできれば断りたいもの

忘年会の季節になると、悩ましいのが二次会のカラオケです。歌うのが好きな人はともかく、下手な人にとっては苦痛以外の何物でもありません。けれども、簡単には断れないし、参加して歌わないのも場が白けてしまいます。

こんなことにならないように、前もってレパートリーを2、3曲用意しておきましょう。それだけあれば、誰かと被って何も歌えなくなる心配はありません。曲を選ぶ時には、自分の音域と合っていて、難しくない歌を選びます。

52217539

 

 

歌が苦手な人にもおススメできる歌

歌が苦手な人に向いているのは、福山雅治さんです。一般的な男性歌手よりキーが低く、小細工のないストレートな楽曲が多いです。例えば「HELLO」や「桜坂」あたりは歌いやすいでしょう。TOKIOも音域が比較的低く、盛り上がれる歌が多いのでおススメです。「うわさのキッス」や「宙船」なら勢いで歌い通せます。高い声が出せるならSEKAI NO OWARIやGreeeen、嵐も歌いやすいでしょう。

143096134

 

 

カラオケボックスで練習しよう

レパートリーが決まったら、ひたすら練習あるのみです。歌が得意な人でも、必ず何回も聴いて覚えて、歌詞を見なくても大丈夫なくらい歌いこんでいます。できれば本番さながらにカラオケボックスで練習すれば、雰囲気も掴みやすいでしょう。最近では一人用のカラオケボックスもあるほどです。

歌が苦手な人は自分の音程が合っているのか、意外と分からないもの。カラオケの採点システムを利用すれば、自分の音程を視覚的に確認できます。ヘッドホンを持参して歌えば、直接耳に自分の声が入ってくるので、判断しやすいでしょう。

それなりに聴こえ良くするには、大きな声でハキハキと歌うこと。小さな声でボソボソ歌うと場が盛り下がってしまいます。声をしっかり拾うためにもマイクは口の前です。練習を重ねておけば、自信を持って歌えるでしょう。

 

 

歌が上手すぎるのも却って白ける

二次会のカラオケは歌って楽しんだもの勝ちです。歌のスキルが仕事の評価につながるわけでもありません。他の人もそんなに上手なわけではないし、プロ並みに歌えるのも却って白けるものです。いっそ歌が下手なのを最大限に活かして笑いを取るのもありでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ