意外と優秀!ゆとり社員を上手にコントロールする方法

  • 2016/06/22
  • ビジネス
  • 125view
  • YAZIUP運営
タグ

ゆとり社員は意外と優秀

世間で「ゆとり」と聞くと、あまり良いイメージがないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際ゆとり教育を受けた彼ら自身、そのことがコンプレックスになっていることもありますし、彼ら自身が悪いワケではありません。

中には上手にコミュニケーションを取っていけば、とても優秀な人材になりうる人材が多いのも、この世代だったりします。
むしろ詰め込み世代に比べて、柔軟かつ自由な発想ができる社員も多く、それが会社を好転させることも多いです。

 

 

叱りつつ褒める

274138844

ゆとり世代は、教育の中で叱られたことがない人も多いです。
実際に会社に入ってから叱られるのが普通になり、それによって自信を喪失してしまっている方も多いのが特徴です。
もともと叱るというレベルに関しては、ゆとり教育でも行われてきたものです。

しかし、仕事の場においては褒めるということも重要だと知りましょう。
ゆとり世代はメンタル的に打たれ弱い人が多く、怒鳴ったり叫んだりすることがストレスになってしまうことも多々あります。

もちろん悪いことやミスをした場合には、それがいかに良くないことなのかを教育することが必要となります。
その一方で、良いことや結果を出した場合には、しっかりと褒めてあげることが重要なのです。

 

 

プライベートを侵さない

309691379

ゆとり世代だからということではないのですが、ライフスタイルの変化によって、プライベートを会社に捧げるというのを好まない人が増加しています。
当然残業などは仕事によっては必要となることですが、例えば休日に上司から半強制的な趣味の誘いなどはしないことが重要です。

もちろん、それによって交流を深めようというのはわかりますが、近年の若い人材は仕事とプライベートの両立を考えている人が多いです。
当然誘ったら「なんで休日まで会社の人と一緒に過ごさないといけないんだよ」と思われてしまうかもしれません。

そうなると、当然心の距離が離れていくのは当然で、仕事に対しても上手に働いてくれなくなります。
また、残業を強制させるよりも、定時できっちり帰らせた方が仕事を頑張れる社員も多いので、上手なコントロールが必要となりますね。

 

 

味方だと思わせる

207395017

ゆとり世代に多いのが、一度説教されたり怒られたりする人を敵とみなしてしまう人です。
実際、日本では上司や同僚の愚痴を言うのが定番となっているのですが、ゆとり社員はそもそも話題にすらしない無関心になることも多いです。

まずは自分が味方だということを知ってもらい、その上で一緒に仕事をしていくことが重要です。
もちろん味方とは言っても、上下関係はしっかりと教育していくことが必要となりますし、距離感が近すぎてもダメです。

程よい距離感で、仕事で困った時だけサポートするような上司になれば、相手からの信頼を獲得することができます。
それが結果的に「この人のために頑張ろう」と思ってくれることに繋がるのです。

ゆとり世代と聞くと、多くの大人は「ダメな世代だ」と決め付けてしまっている傾向が強いです。
しかし、ゆとり世代もまた詰め込み世代を悪く思っていることもあります。
ビジネスシーンでは、お互いが歩み寄ることが重要だと言えますね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ