筋トレが続かない人向けの筋トレのモチベーションを高める方法

  • 2016/02/22
  • ボディケア
  • 176view
  • YAZIUP運営
タグ

筋トレは辛いものだという先入観を持たないようにする

体力をつけたいと思って筋トレに励もうとする人は多いものです。しかし、どうしても過酷なもの、辛いものというイメージが強くなってしまうため、なかなか長続きしないという人がいます。

始めてから数日くらいは、辛いと思っても必死に頑張ることができても、徐々に嫌気が差してきて、モチベーションが上がらなくなってしまうのです。大切なことは、辛いものというイメージ・先入観を持たないようにすることです。

確かに、筋トレというのは楽なものではありません。非常に大量を消耗してしまうもので、疲れも溜まってしまいます。

ここで、辛いという気持ちが強くなっていると、ますますモチベーションは下がってしまうのです。前向きな気持ちに切り替えていくことが重要です。

201202532

 

 

明確な目標を立てるようにすると続けやすくなる

なんとなく体力をつけたいから、という曖昧な理由で始めた人は、少し辛いと感じただけでやめたくなってしまいます。筋トレを長続きさせるためには、明確な目標を立てることが大切です。

たとえば、1ヶ月後までに腕立て伏せを何回できるようにする、何kgのダンベルを持ち上げられるようにする、といった具合に自分なりに数字を盛り込んだ目標を立てるようにします。今よりも回数を増やす、というような数字を含めない目標しか立てていないと、少し回数が増えただけで満足してしまうため、モチベーションにつながりません。

筋トレというのは、誰かと勝負するスポーツとは異なるものです。自分自身で目標を立てることが、モチベーションアップにつながっていくのです。

268639463

 

 

自宅ではなくジムなどの施設を利用することが大切

専門の器具を用いるトレーニングは別として、筋トレ自体は自分の部屋で手軽に取り組むことができるものです。しかし、誰にも見られていない状態で取り組んでいると、どうしても中途半端になってしまいます。

少し疲れたと感じただけで、すぐに休憩することができてしまう状態では、なかなかモチベーションを上げることができないのも当然なのです。そのため、ジムなどの施設に通うことが有効です。

ジムに行けば、常に誰かが見ている状態でトレーニングに励むことができます。筋トレに手を抜いていれば、周りの人にもそのことが伝わってしまいます。
真剣に臨んでいなければ恥ずかしい気持ちになる、という状態がモチベーションを高めるポイントになるのです。

178890221

 

 

筋トレというのは単純な動作を繰り返すケースが多く、なかなかモチベーションが上がらない場合もあります。しかし、明確な目標を立てたり、ジムなどに通ったりする工夫を取り入れることで、モチベーションを上げることは可能なのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ