筋トレ器具を使わずに腹筋を割るには「Vシット」がオススメ

  • 2016/02/12
  • ボディケア
  • 438view
  • YAZIUP運営
タグ

手軽に腹筋を鍛える

バキっと割れた腹筋を見て憧れを抱く男性は多いのではないでしょうか?

とはいえ、腹筋を割るのはなかなか骨が折れる作業。

ジムに通うヒマもないし、筋トレ器具を部屋に置くスペースもない……。

そんな方にオススメなのが「Vシット」という筋トレです。

自分の体だけで出来るうえに効果も高いので「自宅で手軽に腹筋を鍛えたい」という方にはオススメです。

今回はVシットのやり方や注意点を中心にご紹介します。

 

 

Vシットのやり方

272879792

筋トレ器具を必要としない筋トレの中では、割とキツめの部類に入るVシットですが、そのぶん効果はかなり高いと定評があります。

やり方は、まず床に仰向けになった状態で、腕を頭の後ろへ伸ばします。

分かりやすくいうと、万歳した状態で仰向けになる感じです。

そして腕と足を伸ばした状態で、おへその辺りを中心にして体をVの字に折り曲げていきます。

手の指と足のつま先が触れるくらい折り曲げたら、今度は元の位置へ戻していきます。

戻す時にかかとは床につけないようにします。

それと、できるだけゆっくり戻るのが効果的です。

折り曲げる時に注意したいのが、膝を曲げないようにすることです。

できるだけ腕と足をピンと伸ばした状態で折り曲げることを意識してください。

また、折り曲げる時は息を吐きながら行い、戻す時は息を吸いながら戻します。

これを、大体「10〜20回 × 2、3セット」こなせばOKです。

初心者には少しハードな筋トレだと思うので、慣れていない方は、まずは基本的なクランチやレッグレイズなどから徐々に腹筋をつけていくことをオススメします。

ちなみにVシットは腹筋の中でも「腹直筋」をメインに鍛えることができるトレーニングになります。

 

 

Vシットでお腹を引き締めよう!

60901441

というわけで、筋トレ器具を使わずに腹筋をつけるVシットのご紹介でした。

上半身と下半身を同時に持ち上げるVシットは、ハードなぶん腹直筋の上部と下部を効率良く鍛えることができるのが魅力的です。

ただし、Vシットは無理をすると腰を痛めてしまう可能性があるので、腰が弱い方にはオススメできません。

また、Vシットを行う時は床にヨガマットなどを敷いてやるとやりやすくなります。

最近お腹がたるんできた、という方は、Vシットでお腹を引き締めてみてはいかがですか?

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ