YAZIUP CLUB会員募集中

筋トレ初心者の悩みを解決!素朴な疑問に答えましょう!

  • 2017/11/02
  • ボディメイク
  • 98view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

今回も悩める初心者を救います!

筋トレ初心者の疑問や悩みに答えるこの企画

筋トレ初心者の疑問や悩みに答えるこの企画。今回も筆者に日々寄せられる質問の中から、いくつかを抜粋してズバリお答えしていきたいと思います。筋トレや肉体づくりは生活の全てと密接に関わっています。トレーニングそのものはもちろん食事や栄養摂取、そして夜の活動まで…。

それでは早速テキパキ回答していきましょう!

 

Q:トレーニング中の栄養補給は必要?

Q:トレーニング中の栄養補給は必要?

現在、筋トレ中は水分補給だけを考えてミネラルウォーターもしくは電解質が調節されたスポーツドリンクを飲んでいます。ただ、BCAAやクエン酸の入ったドリンクを飲んでいるジム仲間もいて気になっています。筋トレ中の栄養補給は必要なのでしょうか?

A:筋トレ時間が1時間以上になる場合は必要!
短時間でトレーニングが終了する場合は水分補給だけでも十分です。トレーニングの2時間程度前に食事を摂っていれば、その分の栄養でトレーニング中に必要なエネルギーは賄うことができます。

ただ、筋トレが1時間以上に及ぶ場合は糖質とアミノ酸を補給しながら筋トレした方が良いでしょう。この場合、固形物では消化に内蔵のリソースが割かれてしまいますから液体で摂るべきですね。水にBCAAやEAAの粉末とブドウ糖やマルトデキストリン、クラスターデキストリンといった吸収の速い糖質を入れてシェイクしておきます。これを種目やセットごとにちびちび飲めば完璧です。

 

Q:スクワットとデッドリフトは同じ日絶対NG?

Q:スクワットとデッドリフトは同じ日絶対NG?

筋トレできる日が少ないので、ついついスクワットとデッドリフトを同じ日にやってしまいがちです。この二つの種目は絶対に同じ日にやってはダメですか?また同じ日にやる場合はどちらの種目から行うべきでしょうか。

A:同じ日にやる場合は弱点部位優先で!
スクワットもデッドリフトもフォームが崩れると腰椎に負荷が集中し怪我の原因となります。通常は別々の日にやるのが正解とされていますが、事情によってはどうしても同じ日にやらなければならない事もあるでしょう。

さて、スクワットとデッドリフトを同じ日にやる場合は純粋に自分の弱点部位によって優先順を付けるべきです。背筋が弱いならデッドリフトから。脚部を鍛えたいのであればスクワットからです。

当然、もう片方の種目では重量を下げ、少し回数を多めにこなすようにします。間違ってもどちらもMAXバリバリの負荷でトレーニングはしないようにすべきです。

 

Q:デスクワークによる猫背解消法を教えて!

Q:デスクワークによる猫背解消法を教えて!

日頃、イスに座ってパソコンとにらめっこばかりしています。仕事なので仕方ないのですが、おかげで猫背になってしまいました。これを解消する筋トレ方法はありますか?

A:猫背を治すためにはストレッチと背筋の強化!
自宅やオフィスでも簡単にストレッチと背筋の強化を同時に行える「ウォールスライドプレス」という種目をご紹介しましょう。

まず、壁に背中をくっつけて直立します。両腕を肩の高で真っ直ぐ横に広げます。手の甲を壁にピタッとつけ肘は直角に、指は伸ばします。

前腕は壁につけたまま腕を上に上げていきます。頭の上で親指同士が触れ合ったらまたスタートの位置まで戻しましょう。これを20回程繰り返します。

 

Q:筋トレ直前のSEXは是か非か?!

Q:筋トレ直前のSEXは是か非か?!

トレーニングの直前にSEXや自慰行為をするのはマイナスの影響があるのでしょうか?筋トレ前にテンションが上がってしまい、つい…というケースがこれまで何度かあるのですが、もし悪影響があるなら今後は慎もうと考えています。

A:厳密にはマイナスだがあまり気にする必要なし!
性行為を行うとその直後にはテストステロンの分泌量が微減することが明らかとなっています。しかし、筋トレのパフォーマンスに明確な悪影響が出る程の減少量ではありません。人間の体はテストステロンが急激に減少するとそれを補うためにリバウンド現象が起きます。つまりすぐにテストステロンレベルは回復するというわけです。

ただ、SEXのプレイ内容自体があまりにも激しすぎるとホルモンとは無関係に筋肉が疲労してしまいますから、その場合は悪影響は出るかもしれません。SEXはなるべくトレーニング後に行うのが良いでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ