中学時代、顧問の高嶋先生が「野球にはこれ必要だぞ!」って教えてくれた筋トレメニュー10選

  • 2016/01/22
  • ボディケア
  • 311view
  • YAZIUP運営
タグ

野球選手に学ぶ!打撃に必要な3つの筋トレ

ホームランを量産できるパワーバッターが、野球選手として花形なのは間違いありません。特に、海外の選手には、マッチョなパワーバッターが多く、日本人とは比較にならないほどです。
ですが、ホームランであろうとヒットであろうと、バッティングに必要な基本的な筋トレに、さほど変わりはありません。腕を引く動作に不可欠なのが、三角筋の内部を鍛えるサイドレイズです。
肩の筋肉バランスに不可欠な筋トレとして、多くの選手に人気なのです。また、棘下筋や小円筋を鍛えるのに効果的なのが、エクスターナルローテーションです。
野球選手はもちろん、テニス選手やバレーボール選手が好んで取り入れているトレーニングとして有名です。バッターとして最も鍛えるべきなのが、プレイを左右する体幹と言えるでしょう。
プランクなら効果的に体幹を鍛えられると定評があります
1340709

 

 

野球選手に学ぶ!投球に必要な4つの筋トレ

野手やピッチャーの憧れと言えば、強肩で故障しにくいタイプの選手でしょう。その為、三角筋を過度に鍛える選手も少なくありません。
ですが、肩の可動域を狭めてしまうのも、三角筋の大きな特徴と言えるのです。その為、三角筋を鍛える場合は、インナーマッスルを中心に鍛える、ショルダープレスがおすすめです。
また、肩を上げる動作を担っているのが棘上筋です。棘上筋のインナーマッスルを鍛える場合は、軽めのダンベルを使ったエンプティカンが効果的でしょう。
肩関節の安定はもちろん、野球選手に付き物の故障を予防する効果もある筋トレなのです。投球に欠かせないのが、スナップに影響する前腕諸筋です。
リストカールとフィンガープッシュアップなら、球速をアップさせクイックスローも向上させてくれます

248999296

 

 

野球選手に学ぶ!守備に必要な3つの筋トレ

野球選手の中で最も瞬発力が必要なのが守備だと言えるでしょう。守備を担当する選手の瞬発力が、試合の結果を左右するゲームは、よくあるものです。
相手チームのバッターが打ったボールに素早く反応し、落下点に追いつく為には、下半身の強化が何より必要なのです。その為、爆発的な瞬発力を引き出すふくらはぎの筋トレを怠る選手はいないでしょう。
ダンベルを両手に持って行うスタンディングカーフレイズなら、ふくらはぎの下腿三頭筋を効果的に鍛えてくれます。また、走力をアップさせる大殿筋を鍛えるならスクワットがおすすめです。
更に、全てのアスリートに共通して大切だとされているのがハムストリングスです。太もも裏のハムストリングスを鍛えるには、チューブを使ったレッグカールが良いでしょう。

62472697

 

 

野球選手には、打撃・投球・守備の3つの運動が必要です。それぞれの運動に合わせて使われている筋肉が違うので、多種多様なタイプの筋トレが必要と言えるでしょう。
筋肉を鍛える為なのはもちろん、怪我を予防する為の筋トレでもあるのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ