YAZIUP CLUB会員募集中

ボディメイクの知識はどうやって手に入れる?間違いの無い方法とは

  • 2017/10/02
  • ボディケア
  • 90view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ダイエット
  • トレーニング
  • 栄養
  • 筋トレ
  • 豆知識

知識が無ければ始まらない!

知識が無ければ始まらない!

筋トレやダイエットに成功し、理想の体を手に入れるために最も必要なものとは一体なんでしょうか?!

気合い?根性?忍耐力?それともお金?

確かにどれも重要といえば重要ですが、筆者が考える最も重要な成功のための秘訣とは、ズバリ「正しい知識」です。

正しい知識とは人間の脂肪と筋肉が変化するための原理原則、メカニズムを知るという事です。

正しい知識があれば「○○で痩せた!1ヶ月でマイナス15kg!」とか「1日5分でマッチョボディ!」とかそういったくだらない宣伝文句に振り回されることもなくなります。

ボディメイク関連の知識は大きく分けて「筋トレ系の知識」と「栄養系の知識」の二つに分かれます。この二つの知識をどうやって学び、蓄え、自分の行動に活かすのかについて解説していきましょう。

 

基本は書籍から得るのが確実

基本は書籍から得るのが確実

ネット全盛の時代にこんなことを言うのも気が引けるのですが、信頼できる著者が執筆した書籍というのはやはり情報の濃さと厚みが違います。特に科学的エビデンスに裏打ちされた、長い期間ベストセラーとなっているような本にはそれ相応の価値があると考えて間違いないのです。

多くの場合、こういった本は地味な扱いを受けていますし正直言って読んでいてあまり面白みは感じないかもしれません。しかし、実際のボディビルダーのトレーニング方法を解説した本や、解剖学的に筋肉や骨、関節がどのように動くのかといった点にまで言及されている本は必ず初心者のうちに一通り読んでおくことを強く推奨したいのです。

栄養学の本にも共通する事ですが、人間の体というのは基本的に何十年、何百年と基本的な構造は変化していません。つまりどれだけ情報が古かろうが正しいものは正しいのです。むしろ長い年月に耐え支持され続けている情報こそ我々が求めているものなのです。

流行りに飛びつかず、長年支持されている本と出会う。まずはここから始めてみるのが良いのです(地味ですけどね…)。

ちなみに参考程度に私が推奨する本を挙げさせて頂くと…

●石井直方の筋肉まるわかり大辞典(石井直方 著)
●目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名(フレデリックドラヴィエ著)
●基礎から学ぶスポーツ栄養学(鈴木志保子 著)
●除脂肪メソッド(岡田隆 著)

などは本当に素晴らしい書籍だと思います。

 

 

最新情報はネットでゲット

信頼できる著者が執筆した書籍

さて、書籍によってがっちりとした土台となる知識を得たら、次はいよいよネットで最新情報を手に入れる工夫を行いましょう。

ネットにはいかがわしい情報がたくさん流れていますが、中には価値のある超最先端で有益な情報も存在します。

少なくともTwitter等、個人のSNSでダラダラ流されているものには要注意です。信憑性が薄く何の根拠もない情報がほとんどですね。また、サプリメントメーカーやトレーニング器具メーカーが発信している情報もある程度疑って掛かる必要があります。彼らは基本的に自分たちにとって都合のいい情報しか表に出しません。情報が操作されている…とまでは言いませんが、多少偏った内容となっているのは間違いないでしょう。

ネットでの情報は発信元が中立であることが重要です。例えばこのヤジアップのように、執筆者が自分の知識と経験、そして信念に基いて記事を執筆しているサイトの情報には本当の価値があると言えるわけです。

手前味噌で恐縮ですが、私は自分の専門分野の記事しか書きませんし、それだけに内容には絶対の自信と責任感を持っています。もちはもち屋です。知らない分野に手を出すのはあまり褒められた事ではありません。

 

嘘やデマに惑わされないために

嘘やデマに惑わされないために

ネットには栄養面の情報関して、デマや間違った情報が数多く流布されている現状があります。特に栄養士を名乗る人物が執筆しているとされるダイエット情報や、アンチエイジング情報は、正しい情報よりも間違っている情報の方が割合的に多いのではないかと思える程酷い有様です。

いくつが具体例を挙げると「ダイエットにはタンパク質が大切!」といったようなタイトルの記事がありました。このタイトルだけ読むと「まともな記事なのかな?」と一瞬思えるのですが、最終的に「ラーメンよりもチャーシュー麺。ただのご飯よりもトンカツが痩せる!」というわけのわからない結論になっていました。炭水化物を減らしてタンパク質の量を増やすのなら分かるのですが、炭水化物そのままで純粋にタンパク質と脂質をプラスすれば当然カロリーも激増して太るだけです。アホらしいと思えるかもしれませんが、実際にこのような記事は大手メディアにも多く掲載されているのです。

他にも「カロリー制限しても痩せない!」というインパクト狙いの出オチ的記事も最近見かけましたが、カロリーを減らしても(絶食しても)痩せないのならこの世で餓死する人なんか存在しませんよね。飢餓に苦しむアフリカの子供達にも同じこと言えるんでしょうか、その記事の執筆者は。

魅力的な体、憧れを抱くような肉体というのは一朝一夕では作れませんし、地味な努力の積み重ねでしか手に入れることはできません。本能的にはみんなそのことを知っているからこそ素晴らしい体を持つ人に対しては尊敬と称賛が集まるのです。

ただ、それでも正しい知識を持っているのと持っていないのとでは成長のスピードに大きな差ができることは確かです。
皆さんも、浮ついたインパクト狙いの情報に惑わされず、必ずその情報の根拠や背景までイメージして情報の取捨選択を行いましょう。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ダイエット
  • トレーニング
  • 栄養
  • 筋トレ
  • 豆知識

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ