記事制作方針ガイドライン

ジムに通わずとも自重トレーニングで筋肉は太くなる

  • 2017/07/08
  • ボディケア
  • 1323view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

筋トレを諦めていないか

筋トレを諦めていないか
男は筋肉、それもオヤジになると筋肉でもアピールするしかないと慌てて筋トレを始めたがっている人も多いのです。
それならやっぱりスポーツジムに通わないとなかなかそう簡単に筋肉なんて付けられないと思っていませんか。
確かにお金をかけてそれなりの器械に身を挟み込んで行う筋トレはそれだけでカッコよくもあります。
いかにも筋トレをしていると言う充実感もあるでしょう。
もちろんそれだけでなく成果も期待されるものです。
でも、世の中ジムに通えるほどの恵まれた人ばかりではありません。
忙しくて帰りに寄り道も出来ない人は自宅で筋トレするしかないのです。
そんな器械も道具も使わない筋トレに自重トレーニングがあります。
ここで正しい自重トレーニングの基本について触れておきますので、どれほどの効果があるのか是非試してみてください。

 

自重トレーニングとは

自重トレーニングとは
自重トレーニングとは、自分の体重をバーベルのように負荷として筋肉を鍛える方法です。
ですから最大でも自分の体重を超える負荷はかけられません。
それに引き替えジムに行けば体重の何倍もの負荷だってかけられるのです。
自重トレーニングではこのハンディを乗り越える方法で行わなければその効果も薄くなります。

・ゆっくりじっくり繰り返す
負荷が小さいので単純にその分、時間をかけましょう。
最初はほどほどにしておきながらもだんだん繰り返せる回数は多くなるはずです。
毎回、前回よりももうちょっと出来るくらいまで繰り返していると次第に回数も増えていくのです。
終わってみれば筋肉がヘトヘトに疲れ切っているのがベストです。
こうなってくるとジムで張り切って高負荷をかけてすぐに挫折するよりは優れているのは明らかでしょう。

・そのメカニズム
一般にゆっくりした負荷ばかりではいわゆる持久力用の遅筋しか鍛えられません。
しかしながらこれも限度を超えて続けられるととりあえずその場しのぎではありますが瞬発力用の速筋が応援せざるを得なくなるのです。
つまりきつい瞬発運動をせずとも速筋は鍛えられると言う事なのです。
こうして筋肉全体が太く強くなってくれるのです。

 

自宅でくつろぎながらで十分

かならず疲労困憊と言えるくらいまで繰り返し続けましょう
筋トレなんてボディビルダーにでもなるのならともかく、ジムで難しい顔をして気合いを入れて汗水流すほどの事はありません。
テレビでもつけたままにしていい感じで疲れ切ったところでお風呂にでも入ってその後はマッサージかストレッチで仕上げるのです。
とてもお気楽なようですが、とは言っても手抜きして筋肉がつくほど甘くはありません。
かならず疲労困憊と言えるくらいまで繰り返し続けましょう。
最初は苦痛かもしれませんが、快感ホルモンが脳内に分泌するようになってくると楽しくなってしまいますのでそれまでの辛抱なのです。
慣れてくればダンベルなどを購入して負荷も高めるのも快感になってしまいます。
高負荷トレーニングはそれから始めても遅くは無いのです。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ