記事制作方針ガイドライン

モテる目的の筋トレならジムもプロテインも不要?

  • 2017/04/28
  • ボディケア
  • 161view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 筋トレ
  • トレーニング
  • モテ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 身体

女性の「男性の体型は気にしない」は社交辞令

女性の「男性の体型は気にしない」は社交辞令

巷では、「モテるためには筋トレをするとよい」「ヒョロヒョロやガリガリな男はモテない」と言われており、非モテゾーンから脱却するにはまず「身体を鍛える」という課題を避けて通れないことは確かです。一方で、非モテ男性の多くは「筋トレを毛嫌いする」という傾向があります。その理由は、「顔が不細工だから鍛えても意味がない」「疲れることが嫌」「筋トレはバカのやること」といった偏見や先入観からくる意見のほか、「ぷよぷよな男が好きという女性もいる」という考えもあります。

しかし、こうした女性の「男性の体型は気にしない」「性格が大事」「優しい人がタイプ」という女性のセリフを鵜呑みにするのは危険です。実際は、何だかんだで女性のほとんどは「男性のたくましい身体が好き」であることを覚えておきましょう。

これは、男性が「女性のおっぱいに惹かれる」ことと似ています。例えば、顔が好みのタイプではなくても、その女性が巨乳だった場合、ついつい見てしまいますし、それだけで気になるのは男の本能でしょう。もちろん、おっぱいが大きいだけで恋愛感情を抱く訳ではありませんが、「恋愛対象」「性の対象」としてストライクゾーンに入る可能性は高くなります。女性から見た「男性のたくましい身体」も同じで、性格やルックスでポイントが低くても「筋肉」があれば、少なくとも女性からストライクゾーンに入る可能性が高くなるのは当然のことと言えるでしょう。

 

誤解されがちな「筋トレとモテ」の関係

誤解されがちな「筋トレとモテ」の関係

また、「女性は遺伝子レベルで男性の筋肉に惹かれる」とも言われていますが、多くの男性が「筋トレ」と「女性から見た男性の魅力」について、「強そうだからモテる」「マッチョが好きかどうかは好みによる」という誤解しています。繰り返しますが、男性にとっての筋肉は、女性にとっての「おっぱい」です。「無いよりは有った方がよい」「有り過ぎると好みが分かれる」という点では共通しているのではないでしょうか。男性が女性の胸に惹かれるのは、「女性であることの象徴」だからと言えます。同じく男性の筋肉も「男性であることの象徴」という事が理解していただけるかと思います。決して「ゴツいカラダ」を目指す必要はありませんが、あまりにも「ヒョロヒョロ」「ガリガリ」では、そもそも「女性から異性として見られない」可能性があるのです。

 

ジム通いやプロテインは不要

ジム通いやプロテインは不要

筋トレと聞くと、普段やらない男性からすると、非常にハードなエクササイズを想像しがちですが、意外と大変ではなく、プロテインやジム通いも不要です。自宅で行える腕立て伏せやスクワットなどの、いわゆる「自重トレーニング」だけでも十分に鍛えられますし、もっと言えば、腕立て伏せを10回続けることができない男性が仮にジムへ行っても、与えられたメニューをこなすことができず、無駄な時間を費やすだけでしょう。まずは腕立て伏せをゆっくり10回、スクワットを50回など、自分がギリギリ出来る範囲で行うことが大切です。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • トレーニング
  • モテ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ