YAZIUP CLUB会員募集中

初心者こそフリーウェイトをするべき!マシンよりも効果的な理由とは

  • 2017/04/18
  • ボディメイク
  • 323view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ダイエット
  • トレーニング
  • 筋力
  • 筋肉
  • 肉体改造

ジム・トレーナーがマシンを勧めるワケ

トレーニーの皆様お疲れ様です。ガチでやってらっしゃる方も、ライトな感覚でやってらっしゃる方も、やはり「筋肉・筋力を発達させたい」という思いに違いはないと思います。そのため、ほとんどの方はジムに通ってらっしゃいますよね?やはりジムには専用の設備がしっかり整っていますからトレーニングを効率的に行うためには最適だと思います。

ジム・トレーナーがマシンを勧める理由とは

ただ、ジムによってはトレーナーの「当たり」と「ハズレ」の差が結構大きいようで…正直、残念なトレーナーさんから指導を受け、それをそのまま鵜呑みにしてしまっている初心者も多いようなのです。

特にありがちなのが「初心者はマシンでトレーニングしてください!」と指導するトレーナーさんですね。「効きやすいから」とか「扱いやすいから」とか「怪我をしにくいから」といろいろと理屈をコネてはいますが結局は、マシントレーニングだと放っておいてもそれなりに会員さんが満足してくれるというジム側の怠慢によるものなのです。フリーウェイトは確かに正しいフォームで行わなければ怪我をしやすいですし、会員さんが怪我をしてしまうとジム側の問題にされかねません。ジムもビジネスとしてやっている以上、トレーナーの人数をそうは増やせませんからね。まあ、大人の事情というやつです。とても残念なことですが。

 

初心者こそフリーウェイトを扱うべき理由

本当は、初心者こそフリーウェイトによってガンガン鍛えるべきなのです。理由はいくつかありますが、初心者にフリーウェイトを避けるよう指導するトレーナーは何の知識も無いか少なくとも会員の立場で指導してくれるようなトレーナーさんではありませんね。

初心者こそフリーウェイトを扱うべき理由とは

まず、マシンというのは負荷の掛かり方、動きの軌道が決まっていますから確かに安全です。しかし、安全過ぎるが故にアドレナリンが分泌されず、限界まで追い込むことが極めて難しいのです。「追い込む」ことにそもそも慣れていない初心者が最初に学ぶべきは、追い込むとは一体どういう感覚なのか。どれだけトレーニングすれば十分な刺激とボリュームが達成できるのかを体で知ることです。そして、マシントレーニングではこの「真の追い込み」を初心者が経験するのはとても難しい事なのです。

一方、フリーウェイトではトレーニーが感じる「危機感」が桁違いです。手を離せばダンベルが足に直撃して大怪我をしてしまうかもしれません。バーベルを担いでスクワットしている時に、変な潰れ方をしてしまえば腰を負傷してしまう可能性もあります。

この危機感こそが脳に非日常的な刺激を与え、それが全身へと伝搬するのです。これはフリーウェイトでしか絶対に味わうことはできません。

フリーウェイトで危機感を味わうことが脳に非日常的な刺激を与え、それが全身へと伝搬されます。

もちろん、だからといって本当に怪我をしてはいけません。そのためにトレーナーが存在するのです。トレーナーがしっかり補助につき、正しいフォームを指導することによってトレーニーは自分の限界を知ります。そして未知の領域まで足を踏み入れることができるのです。

マシンに座ってえっちらおっちら自分のペースでトレーニングしていてもいつまで経っても体は成長しません。よく、何年もジムに通っているのに一般人と体格差が全く生まれない人がいますよね。そういう人は決まって「自分のペース」で「マシントレーニング」だけを行っているのです。

 

BIG3だけでも効果バツグン!重量から逃げない!

では、初心者はどんな種目を行えば良いのかというと、これはもうベンチプレス・デッドリフト・スクワットの三種目だけでも十分なくらいです。これに懸垂でもプラスすれば全身をしっかり鍛えることができます。

力こぶが欲しい人にとっては上腕二頭筋にダイレクトに刺激が入る種目が欲しいかもしれませんね。その時はおまけ程度にダンベルカールでもやっておけばいいでしょう。とにもかくにもまずはBIG3。BIG3をいかに最初からやり込めるかがスタートダッシュを決めるのです。

BIG3が効果的!

最後に、繰り返しになりますが、初心者にフリーウェイトを避けるように指導するトレーナーとは付き合わないようにしてください。彼らは自分達の都合で物をしゃべっています。一人ひとりの会員に対して手間を掛けたくないから「マシン使って勝手にやってろ」という指導になってしまうのです。このようなジムからは早々に退会した方があなたのためだと言えるのです。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ダイエット
  • トレーニング
  • 筋力
  • 筋肉
  • 肉体改造

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ