記事制作方針ガイドライン

やめる?続ける?筋トレで挫けそうになった時に思い出すべき事4つ

  • 2017/01/09
  • ボディケア
  • 321view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • トレーニング
  • メンタル
  • 心理
  • 応援
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 言葉

筋トレってしんどいよね!でも…

筋トレが楽で仕方ない、なんて人は存在しません。中には「やめようかな…」と迷っている人もいることでしょう。

436609312

しかし!筋トレはやめてしまうにはとっても惜しい趣味なんです。今回は筋トレを挫折してしまいそうになっているアナタへと贈る「今一度思い出して欲しい4つの事」をご紹介します!

年が明けてまだ間もないこの時期、せめて2017年ラストまでは筋トレ頑張ってみましょうよ!

 

今日は残りの人生で一番若い日!

考えても見てください。男性の肉体的なピークは25歳~30歳と言われています。つまり我々オヤジ世代は日に日に肉体が衰えていくばかりなのです。

ただし、これは全く筋トレをしなかった場合の話。筋トレによる成長力は加齢による衰退を遥かに凌駕するスピードがあるのです。

116835922

残りの人生の中で最も若い日。それは今日であることは間違いありません。筋トレを先延ばしする理由があるでしょうか。筋トレを中断する理由があるでしょうか。

ありませんよね。限られた時間と残された人生をより幸福なものにするために、筋トレは我々オヤジ世代にこそ必要不可欠なものなのです。

 

みんな苦しいのは一緒!それを隠してるだけ!

筋トレってしんどいなあ。それなのに自分以外のトレーニーは全然苦しくなさそう。それどころかとっても楽しそうにトレーニングしている…。自分にはセンスがないのかな…。
筋トレは自分の戦いですから他人と比べる意味はありません。ですからセンスがある、とか、センスが無い、などという概念がそもそも存在しないのです。

それに他のトレーニーもあなた同様とっても苦しいのです。トレーニングが終わった後には確かに清々しい気持ちに満たされていることでしょうが、トレーニングの真っ最中は誰だって苦しくて苦しくてたまりません。それが普通です。

251273797

あなただって他人から見れば全然苦しくなさそうに見えているのです。他人のことはよく見えるものなのです。ですから自信を失う必要は全くありません。自分が成長する事だけに全神経を集中させればそれで良いのです。

 

筋トレで手に入る物はたくさんある

筋トレを止めるかどうか迷った時、筋トレによって手に入る物や筋トレを止めることによって失う物について改めて冷静になって考えてみましょう。

436598401

筋トレによって手に入る物。それはあまりにも数が多すぎるのですが敢えて例を挙げるのであれば「女性からのモテ」・「カッコイイ体」・「健康」・「強いメンタルや自信」といったところでしょうか。問答無用で自分に満足できるようになるというのはやはり素晴らしい事です。いろいろ理屈を考えなくとも鏡に自分を映すだけで納得できる。これは筋トレを継続している人しかたどり着けない世界ですからね。

一方、筋トレを止めてしまうとこれらを全て失ってしまいます。ダルダルの年寄りのような体になり、健康でもなくなります。当然女性からモテるはずもないですよね。それでも筋トレ…止めちゃいますか?

 

筋トレは「努力=結果」が約束されている!

筋トレの素晴らしい点は、努力すれば結果が約束されているという点です。これは他の趣味や仕事ではあり得ない事です。努力すれば確実に今日の自分は昨日の自分よりも成長しています。毎日続ける事で遥か高みにまで必ず手が届くのです。

筋トレは見た目だけでなく数値でも成長を実感しやすいといえます。初めて100kgのベンチプレスが上がった感動。達成した人は皆覚えているでしょうし、まだこれからという人には是非味わってもらいたいですね。体のサイズも巻き尺を使えばすぐに数値化できますし、自分の成長とコンディションを簡単確実に知ることができます。

426803974

筋トレを止めようか迷った時には、まずこの4つについて一度思い返して見て下さい。体調が悪いのであれば一旦休憩するのは全く構いませんし、怪我をしたのであれば休むのは当然です。何か都合でトレーニングの時間が取れなくなったにしても、自重やトレーニングチューブのように持ち運べるアイテムを活用すれば何らかののエクササイズは継続できるはずです。

筋トレは止めちゃダメ!なぜなら止めるのはもったいなさ過ぎるからです。これ、本当にガチな話ですからね。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • トレーニング
  • メンタル
  • 心理
  • 応援
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 言葉

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ