オヤジ臭の原因を食べ物で改善! モテるオヤジは匂いから違う!

  • 2015/12/08
  • ボディケア
  • 151view
  • YAZIUP運営
タグ

スメルハラスメントにならないために

40歳のオヤジからかおるオヤジ臭。正式には加齢臭ですが、この加齢臭の原因を資生堂の研究チームが発見するまでは、何が原因なのかが謎でした。資生堂が発見し加齢臭との名前を付けたことで、現在はスメルハラスメントという新しいハラスメントの地位まで築きました。

そこで、今回は加齢臭の成分の分泌を抑制する食べ物と生活習慣を提案します。

 

209808808

 

オヤジ臭の原因はノネナール

オヤジ臭(加齢臭)の原因はノネナールです。これは30代までの男性からは検出されないのですが、40代以降の男性から検出されます。ちなみに女性からも検出されます。

これは40代までに皮脂の起きる変化が原因で、皮脂酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」が活性酸素によって酸化した脂質の「過酸化脂質」によって酸化することでノネナールが生まれます。

このノネナールはロウソクや古本のような臭いらしいのですが、中高年特有の体臭となります。

 

 

ノネナールの発生を抑える食生活・特にカレーがおススメ!

オヤジ臭でありノネナールの原因は、9-ヘキサデセン酸と過酸化皮脂が合わさることです。9-ヘキサデセン酸は元来無臭の成分です。問題は過酸化皮脂にあります。

過酸化皮脂ができる原因は、体内の活性酸素の乱れです。活性酸素が乱れることで量が多くなり、その一部がノネナールの原因となる過酸化皮脂を生み出します。

つまり、活性酸素を抑える抗酸化作用の食べ物を摂取することで抑制することが可能です!

以下は、抗酸化作用のある食べ物です。

カテキン:リンゴ、緑茶。

ビタミンC:ブロッコリー、柑橘類。

アントシアニン:赤ワイン、ブルーベリー。

クロロゲン酸:コーヒー、ナス。

セサミン:ゴマ。

イソフラボン:大豆。

クルクミン:ウコン、カレー粉。

これらの食べ物を食べることで、体の抗酸化作用を高めることができます。

お勧めはカレーです。カレーに隠し味として、コーヒー、赤ワイン、リンゴを入れてサラダと一緒に食べることで抗酸化作用のある食べ物を一気に摂取することができて、超お手軽です。料理も簡単ですし、作り置きができますので一人暮らしでも家族でも、カレーは重宝します。

 

143434888

 

 

ノネナールの発生を抑えるダンディーな生活習慣

基本的な生活習慣としてタバコと深酒はNGです。

特にタバコは人体に有害なので、体を守るために活性酸素が大量に作られてしまいます。その結果のオヤジ臭です。タバコ独特のヤニ臭さと混ざってさらに臭くなります。

適度な運動も必要ですが、本当に適度な運動で十分です。そして、運動をする際は、紫外線対策をしましょう。紫外線が皮膚に当たると活性酸素が皮膚にたくさんできるもで、UVクリームなどのケアが必要です。

 

285246872

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ