臭いオヤジにならない方法

  • 2016/02/04
  • ボディケア
  • 289view
  • YAZIUP運営
タグ

臭いオヤジになりたくない

166303499

セクハラ、パワハラに続いて今やスメハラという言葉が一般的になっています。

スメハラとは文字通りスメル(臭い)ハラスメントの略ですが、これは主に中年男性のきつい口臭や体臭が、もはや仕事上の問題点として取り上げられる
ような時代になっていることを、表わしているのではないでしょうか。

オヤジ臭、老人臭など臭いに関する言葉は、ここ数年のうちに急激に種類が増えてきたように思います。

それだけ世の中が臭いに関して敏感になっていることの証左でもあるのでしょう。

 

 

オヤジ臭は耳の後ろが発生源?

161263

耳の後ろにオヤジ臭の発生源がある――一度は聞いたことがみなさんおありではないでしょうか。

実際、ネットでも化粧品メーカーの説明などでも、そのように書いているのをよく目にします。

筆者も化粧品業界に長く身を置いていますが、実はこの説にずっと違和感を感じてきました。

あるとき電車の中で立っているときに、席に座った中年男性から、あの古い油のような独特の臭いが漂ってきました。

いわゆるオヤジ臭というものです。

隣に座っているのならまだしも、筆者は前に立っているわけでして、それほど距離が近いというわけではありません。

それでも臭ってくるのです。

このとき私は疑問に思いました。耳の裏側なんて面積の小さな部分から本当にこれだけ強い臭いが出るものなのか――?

もちろん臭いの出るところは耳の裏側ばかりでなく、わきの下、胸元などもありますが、いずれも服に隠れています。

しかも季節は乾燥した冬場でした。私にはどう考えても、このオヤジ臭が耳の裏から出ているだけのようには思えませんでした。

これは長年の疑問でした。

 

 

強い臭いは面積が広いから強くなる

220530670

最近、ある化粧品メーカーが中年男性の臭いの原因に関して新しい説を発表しました。

それは臭いの主な発生源は従来いわれていたように耳の後ろや脇の下ではなく、頭皮だったというものです。

もちろん耳の後ろや胸元などからも臭いは発生しているのですが、それ以上に強いのは頭皮から発せられるものであった、というものです。

私はこの説に非常に腑に落ちるものがありました。頭皮は服に覆われていない部分でも大きな面積を占めている場所です。

面積が大きければそれだけ臭いを発する部分も大きくなり、それだけ発する臭いも強くなると考えるのが自然だからです。

ましてや頭髪にはいろいろな整髪剤が付いていて、その整髪剤にも香りがある場合が多いですから、頭皮から発せられた臭いと整髪剤の香りが混ざり合えば悪臭になってしまうのは、容易に想像ができます。

 

 

一番臭いを発するのは後頭部

48317071

頭皮の中で一番、強く臭いを発するのは後頭部から首の後ろあたりであるといわれています。

みなさんはどれくらいの時間をかけて洗髪していますか?

洗髪をする際にはただ髪を洗うだけでなく頭皮に溜まった脂もきっちりと落とすようにしてください。

この頭皮の脂が毛穴を詰まらせて、薄毛の原因になっていることはよく知られ手いますが、オヤジ臭の最大の原因でもあるのです。

 

 

気を付けたいのは洗いすぎないこと

73485184

頭皮の脂をしっかり落とすといっても、強く洗いすぎないようにしてください。

人間の皮膚には有用な役割を果たしている常在菌も存在しており、中には臭いを抑える役割を持っているものもあります。

こういった常在菌までも洗い流してしまうことは、却って臭いを強くしてしまう原因にもなってしまいます。

洗髪の際はあくまでも優しく、頭皮をマッサージするようにしてください。

 

 

スメハラ云々は別にしても、体臭管理は基本的なエチケットでもあります。
是非、参考になさってみてください。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ