男でも恥ずかしいワキ汗を止めるボトックス治療

  • 2016/08/23
  • ボディケア
  • 80view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 体臭/汗
  • 予防
  • 仕事
  • 会社
  • 体臭
  • 治療
  • 病気
  • 病院
  • 職場

止めたい汗にボトックス治療

157287251

プレゼンや会議のときに止まらない緊張汗や暑さで滝のように流れる汗。ワキの下がいつも汗だくで、ワキ汗が目立つグレーやカーキ系の色のシャツを避けている人もいますよね。着たい服が着られない、一年中ワキ汗が気になって落ち着かない、服に付いたニオイが取れない、このような悩みをお持ちの方には、手軽で保険の適応でもあるボトックス治療が有効かもしれません。

 

 

診察からボトックス治療まで

294042890

かつてボトックスといえば自費でしか受けることができなかったので1回の治療費で10万円以上かかることも多く敬遠されがちでした。これが2012年11月に保険の適応治療となり、今では3万円程度の自己負担額で治療を受けることができます。

ただし、保険診療とするためには、治療前の診察が必要で、その結果によっては治療を受けられない可能性があることと、診察から治療を受ける日まで時間が空いてしまうこと、治療前の麻酔が受けられないことなどがあるので注意が必要です。

同じボトックス治療でも自費治療を選んだ場合には、その日のうちに治療を受けられたり、麻酔などで痛みを軽減することもできたりするので、お医者さんに相談して自分に合う治療方法を選ぶことをお勧めします。

 

 

ボツリヌス菌由来のボトックス治療とは

67975303

ボトックスはボツリヌス菌から抽出したタンパク質を使った治療法です。ボツリヌス菌といえば、強い毒性があることで知られていますが、菌をそのまま体内に入れるわけではないので、感染などの心配はありません。

ボトックスは白い粉末状のもので、生理食塩水と混ぜ、注射器を用いて皮膚の浅い部分に打っていきます。左右の脇に何度も針を刺し、少量ずつボトックスを入れていくのです。時間にすれば両脇で10分ほどですが、痛みに弱い人には長く感じられるかもしれません。注射の前には、凍らせた保冷剤などを脇に当てて、感覚を鈍らせてから行いますが、冬は保冷剤を当てること自体が苦痛になることもあります。

 

 

ボトックス治療を受ける間隔

116458489

ボトックス治療の効果が持続するのは半年程度といわれていますが短いときでは3か月で元通りになることもあります。

一般的にボトックスは4か月以上の期間を空けて打ちますが、自費治療であれば、好きなときに追加して打ち直すことができます。一方で、保険診療では4か月以上空ける必要があるので、その前に効果が落ちても期間の経過を待つことになります。治療を受けてから効果を実感できるまで、少し時間がかかりますから、ボトックスを繰り返し受けるときにはタイミングを考えておきましょう。

 

 

ボトックス治療の副作用

349125599

ボトックスを用いた治療は歴史が浅いため、副作用については注意が必要です。副作用かどうかは素人では判断できないので、治療後には必ず診察を受けましょう。まれに内出血を起こし、注射の跡が茶色く残ることもありますが、通常であれば2~3週間で治るので治りが遅いときにも診察を受けるとよいでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 体臭/汗
  • 予防
  • 仕事
  • 会社
  • 体臭
  • 治療
  • 病気
  • 病院
  • 職場

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ