YAZIUP CLUB会員募集中

ヘルシーなはずが…赤身肉を食べすぎると糖尿病になる?!

  • 2017/12/16
  • ボディメイク
  • 42view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 食育
  • 健康
  • 健康食品
  • 焼肉
  • 糖尿病
  • 糖質制限

ダイエットにも筋トレにも有効な赤身肉

ヘルシーで筋肉にも最高の食材、といえば牛の赤身肉でしょう。例えば脂質をほぼカットした牛もも肉の場合、100gあたりのカロリーは130kcalで鶏のササミよりは多少多いものの十分減量中でも食べられるレベルです。

また、筋肉の発達にも牛肉は素晴らしい効果があり、コストの面だけクリアすることが出来れば毎日でも食べておきたい食材だと言えます。

ダイエットにも筋トレにも有効な赤身肉

ところが最近、この赤身肉に関してとんでもない調査結果が発表され、フィットネス業界やダイエット業界がにわかにざわめいているのです。

その調査結果が示したものとはなんと「赤身肉は糖尿病リスクを高める」というもの。糖尿病とは血糖値を下げるためのインスリンの分泌量が下がったり、インスリンが分泌されても血糖値が下がりにくくなる病気のことですが、なぜ糖をほとんど含まない赤身肉が糖尿病リスクを引き上げてしまうのでしょうか。

今回はその理由や背景、真実について解説していきましょう。

シンガポールで行われた衝撃の調査結果とは

シンガポールで行われた衝撃の調査結果とは

その調査はデューク・シンガポール国立大学医学部で実施されました。11年間に渡って6万人以上を追跡調査するという大規模なものだったのですが、その結果赤身肉の摂取量が増えるのと、糖尿病の罹患率の上昇に優位な正の相関関係が確認されたのです。

具体的には赤身肉の摂取量が最も少ない群と、最も多い群で比べた場合、糖尿病リスクが23%も違いました。

魚の摂取量と糖尿病の罹患率には相関関係は確認できなかったとのことで、赤身肉特有の問題があることが強く推測できるわけです。

それにしても赤身肉そのものには糖はほとんど含まれていないはず。調理するにしても糖質を大量に使うようなメニューは赤身肉と相性が良いとは思えません。では一体なぜ、赤身肉は糖尿病リスクを高めてしまうのでしょうか。

インスリン感受性を下げる「ヘム鉄」

インスリン感受性を下げる「ヘム鉄」

最も怪しいと考えられるのが「ヘム鉄」という成分です。ヘム鉄は牛肉や豚肉、鶏レバーなどに多く含まれている鉄分の一種で、非ヘム鉄に比べ体の吸収率が高く特に鉄分不足になりやすい女性の場合はサプリメントによる摂取も推奨されている体に良い栄養素です。

しかし、ヘム鉄には体に酸化ストレスを与えたりインスリン感受性を低下させるという悪い側面もあるのです。実際に上記の研究でもヘム鉄の濃度と糖尿病リスクの関係が調べられましたが、ヘム鉄の濃度の高い食品を食べている人程、糖尿病罹患率が高いこと分かっています。

これが真実!赤身肉は悪者じゃなかった?

赤身肉は悪者じゃなかった?

さて、ここまでの調査結果を見ると、赤身肉は控え、その分魚介類や鶏の胸肉・ササミなどを食べる量を増やす方が糖尿病リスクが低下しそうな気がしますね。

しかし、ここで一つ見落としてはいけないポイントがあるのです。それは、この研究や調査がシンガポールで行われたものであること、という点です。

実はシンガポールは日本以上に「糖質大国」として有名なのです。日々の摂取カロリーにおける糖質の割合は、シンガポールでは60%~70%。もしくはそれ以上にもなると見られています。つまり、赤身肉とそれ以外のタンパク源の比率だけを見ていても、そもそもの炭水化物の摂取量が曖昧なままでは赤身肉を単純に悪者にするわけにはいかないのです。

別の研究者によれば、赤身肉が問題となるのは同時に糖質を大量に摂取する食生活を続けた場合のみとのこと。糖質摂取によりインスリンが大量に分泌され、それが赤身肉の含む飽和脂肪酸を体内に取り込みます。すると体脂肪が増え、糖尿病リスクが高まると考えられるのです。

一日の総摂取カロリーを減らし、同時に糖質の摂取量もきちんと抑える。これが糖尿病予防の王道であり間違いの無い方法です。専門家が設定したカロリーの枠を超えない範囲であれば赤身肉を多めに食べても糖尿病リスクは上昇しないと考えられるのです。

この記事につけられたタグ

  • 食育
  • 健康
  • 健康食品
  • 焼肉
  • 糖尿病
  • 糖質制限

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ