紫外線対策をしてキレイな男でいよう

  • 2016/10/11
  • ボディケア
  • 47view
  • YAZIUP運営
タグ

女性だけでない!紫外線が肌に与えるダメージ

彼女が化粧だけでなく、スキンケアも念入りにしているのを見て、「女って面倒くせえなぁ」と思っていませんか? 今は男性もスキンケアが必要な時代。特に紫外線対策はすぐにでもしなければいけないのです。

紫外線は肌の真皮まで届いてコラーゲンを破壊し、シワやたるみの原因になります。肌はダメージを防ぐためにメラニン色素を作るので、黒く日焼けします。これがシミの原因になり、齢を取るほどなかなか消えません。ターンオーバーが遅くなるだけでなく、一度シミができたところはメラニン色素が作られやすいからです。

123013300

 

男性こそ要注意!こんなに怖い紫外線のリスク

男性は化粧する習慣が無く、逆に毎朝のひげ剃りで角質層を削っているので、肌が無防備になって紫外線のダメージを受けやすいのです。顔にシワやたるみ、シミが多いと見た目も老けて見られます。何の対策もしてこなかった男性ほど、女性や若い部下からは「自己管理ができない人」と見下されてしまうでしょう。

中年以上の男性は、日焼けこそ健康の証と考えがちですが、それは昔の話。紫外線は皮膚がんや白内障のリスクを高めるのです。近年、オゾン層の破壊によって、そのリスクはますます高まっています。太陽光だけでなく、日焼けマシーンを使った場合も同じです。

最も効果的なのは紫外線を浴びないようにすることです。外出時は日焼け止めを塗り、帽子や日傘を使用します。サングラスをかければ白内障だけでなく、目から入る光の刺激でメラニン色素が作られるのを防いでくれます。紫外線の量は10時から14時までが多いので、その時間帯の外出は避けます。曇り空でも通常の8割ほど降り注いでいるのです。

114349036

 

仕事中でもできる紫外線対策

けれども外で仕事をしたり、営業で外回りをしたりする男性は、帽子や日傘、ましてサングラスは使えず、紫外線を理由に外へ出ないわけにもいきません。代わりに日頃のスキンケアでカバーします。

まずは日焼け止め選びです。日焼け止めの効果は「SPF値」と「PA」で表されます。SPF値は、肌をヒリヒリさせる紫外線のUV-B波を防ぐ目安です。数値の20倍の時間(分)だけ効果が持続します。「PA」は肌を黒くするUV-A波を防ぐ目安で、「+」1個につき2倍です。外で仕事をするなら、最低でもSPF値は30、PA++の日焼け止めを使いましょう。

日焼けしたら、肌の火照りを抑えるために氷や保冷材で冷やします。帰宅したら洗顔で汚れと日焼け止めを落とし、化粧水→乳液の順番でケアします。シミが気になるならスティック状のシミ消しクリームを塗りましょう。

298312616

 

肌だけでなく髪の毛も気をつけて

髪の毛も紫外線のダメージを受けます。髪が傷むだけでなく、頭皮を乾燥させて発毛サイクルを乱すのです。シャンプーに、コンディショナーや育毛剤を併用しましょう。最近はUV対策の整髪料やスタイリングフォームがあるので、外出の予定がある時は忘れずに使いたいものです。

食事はタンパク質やビタミン類を多めに摂り、夜は最低でも4時間、できれば7時間以上眠ります。その間に細胞は修復されるからです。他にも気象庁のホームページで紫外線情報をチェックするなど、できることはたくさんあります。しっかりと対策して、早く老けないように気をつけましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ