脳内ホルモンでできるダイエット

  • 2016/05/01
  • ボディケア
  • 143view
  • YAZIUP運営
タグ

30分有酸素運動をすることの重要性

298409618

よくダイエットのためには「有酸素運動」が必要だといわれます。酸素を多く体内に取り入れることで脂肪の燃焼が促されダイエットにつながるというものですよね。

同じカロリーを消費する運動であっても、100M走を全力で行うよりも、ゆっくり数十分歩いた方が効果があります。それは体に負荷がかからない運動であっても、有酸素運動を行うことが大事でそれによって体内の脂肪が燃えやすくなるからです。

その目安が運動を始めてから30分だといわれています。つまり全力で走って疲れるよりも、だらだら自分のペースで30分以上歩いた方がダイエット効果があります。もちろん、体に筋肉をつけたいというならば負荷のかかるキツイ運動も必要ですが、単に溜まった脂肪を落としたいのであれば、激しい運動をする必要は全くないことになります。

 

 

30分は脳内ホルモンの分泌の目安でもあります

229597222

この「30分続ける」というのは脂肪燃焼効果だけではなく他にも有益な効果をもたらします。皆さん、マラソンランナーがなぜ長時間走るのか知っていますか?わざわざ疲れることを趣味にしているのは変ですよね。

実は30分以上有酸素運動をしていると、脂肪燃焼が促されるだけではなく脳から「やる気ホルモン」という物質が出るのです。なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、大きな物事を達成した時に「やった!」と心身ともに喜びと快感がおそいますよね。あれです。

30分以上有酸素運動、と言いますか深く呼吸をしていると脳からやる気と気持ちよさを感じる物質が科学的に出ます。これによって、マラソンランナーは走っているときはつらいのですが同時に気持ちよくもあります。

競技ではなく自分のペースで走っているので難なく続けることができかつ気持ちがいいという「いいことづくめ」の現象なんですね。

 

 

継続は力なりを実践しましょう

327441401

だから、だらだらと30分以上有酸素運動を続けているだけでダイエットになり、かつ気持ちがいいという2重の効果があります。気持ちが良ければ続けることはわけないですよね。ダイエットのためには体に負荷がかかる激しい運動は必要なく、むしろ気持ちよく続けられるペースが大切だとお分かりいただけたと思います。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ