脱メタボしたい!効率的に!

  • 2015/12/01
  • ボディケア
  • 144view
  • YAZIUP運営
タグ

メタボと判断されないために注意しよう

メタボ(メタボリック・シンドローム)体型になると、体のあちこちに、さまざまな悪影響が出てきます。健康で積極的な毎日が過ごせるよう、メタボの予防とメタボ解消のポイントをご紹介します。

 

高血圧(最大130、最小85以上)・高血糖(空腹時130以上)・脂質代謝異常(150以上または40未満)の3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

shutterstock_243400957

 

ウェストまわりの数値だけでも判断できます

上記3つの値をチェックする前に、ウェストが男性85cm以上、女性90cm以上を条件と言われています。これには個人によりますがわかりやすい基準として、活用するといいかもしれません。

shutterstock_156972281

 

内臓脂肪の量がメタボをひき起こしています

ウェストが85cm、90cmというのは、内臓脂肪の面積が男女とも100平方cmを基準としたときのウェストまわりの目安です。日ごろから運動と食事慮法によって、内臓に脂肪を蓄積させないことが必要です。

236288365

 

体脂肪を減らすことがメタボ対策には有効な手段です

体脂肪を減らすには二つの手段があります。一つは、食事の工夫で、脂質を減らすのがよいとされていますが、もう一つ、筋トレによる筋肉量の増加によって、基礎代謝を増やすことがもっと有効であるとされています。

shutterstock_276853460

 

体脂肪を減らすには、基礎代謝を増加させるのが有効です

一般に、運動によるエネルギー消費量はわずかなものです。しかし、筋肉の量を増やすことによって、基礎代謝が上がり、たとえば、寝ている間にも、筋肉が体内の脂質を分解し、体内の脂肪を分解してくれるのです。

shutterstock_316918184

 

筋肉を増やすには筋肉トレーニングがおすすめです

軽いジョギングやウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動では長時間をかけてエネルギーを消費します。無酸素運動と言われるダッシュ、器具を使った運動などは筋肉を増強させるのに役立ちます。

256467649

 

筋肉を増やすには時間がかかると言われますが

突然の過激な運動で体調をこわしてはなんにもなりません。はじめは、ストレッチや器具を使わないスクワット程度から始め、慣れてきたら、次第に負荷をかけていきます。あせらずに長く続けることがたいせつです。

shutterstock_236373382

 

日ごろ、運動の習慣がない高齢者などは、食べる量を減らしても、やせにくくなったと嘆きます。運動不足によって、運動能力が低下するから悪循環でさらに運動不足をひき起こし、筋肉量も減退します。無理のない運動習慣でメタボを解消していきましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ