決めた、道具を使わずにやせる

  • 2015/11/30
  • ボディケア
  • 154view
  • YAZIUP運営
タグ

トレーニングを行う前に注意点があります

30歳を過ぎると急に気になるお腹のぷよぷよです。また、今細くても30歳になったら太るといった台詞を言われた事がある方は多いと思います。基礎代謝をあげるだけで体重や脂肪は減ります。今回は道具がなくてもできる、男のダイエット方法を紹介します。

 

まず、筋トレは毎日行った方が良いですが、筋肉を発達させるためには急速も必要です。十分な休息を取り、体調の悪い時はトレーニングを控えましょう。また、食後1時間半や空腹の時もしないようにしましょう。

shutterstock_216470287

 

肩幅を広く大きくたくましい男になりましょう

三角筋と大胸筋を鍛えると肩幅が広く、大きくなります。この二つの筋肉を効率よく鍛えることができるトレーニングがあります。両足を壁に突っ張るように腕で支え、そのまま肘を外側に向けて曲げながら体を下げます。

shutterstock_145597327

 

姿勢も美しく保てる、胸板の熱い男になりましょう

大胸筋に効果抜群のトレーニングに、変型腕立て伏せがあります。手を横に滑らせて体を深く沈め、そのまま元の姿勢に戻ります。滑らせる手は雑巾や文庫を活用するとやりやすいです。

shutterstock_251010922

 

腕を引きしめ重たい物も軽々持てる、頼れる男になりましょう

脂肪を引き締め力強い腕になるためには、前腕筋と上腕三頭筋を鍛えます。この二つは、握りこぶしを作って腕立て伏せをすることにより同時に鍛えることができます。始めは手首を痛めないよう膝をつくとよいです。

shutterstock_321123437

 

お尻と太ももを鍛え、後ろ姿も美しい男になりましょう

下半身の定番といえばスクワットです。普通のスクワットから始め、慣れて来たら応用編として畳んだ布団に片足でまっすぐ立ち、膝の角度が90度になるまで上体を下げ、ゆっくりと元の姿勢に戻る方法もあります。

shutterstock_3305704

 

気になるお腹のぶよぶよをなくして腹筋の割れた男になりましょう

お腹を鍛えるためには腹筋します。腕を前に組み、体を40から50度を目安に後ろに反らします。体は服直筋群を使ってバランスを取り、は膝を少し曲げた状態にして、ベッドから浮かないようにします。

shutterstock_43378942

 

トレーニングを続けてもなかなか効果がでないことがあります。

なかにはトレーニングを続けてもなかなか筋力がつかないこともあります。原因として、可動域(動作範囲)を理解していない場合が多いです。もし効果が出なかった場合は見直してみましょう。

shutterstock_164190923

 

今回はさまざまなトレーニングの方法をご紹介しました。30代を超えても引き締まった体をキープできるように、無理をしない程度に日々筋トレに励み、引き締まった体を手に入れましょう。職場でも家族からも自慢の男になれます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ