YAZIUP CLUB会員募集中

究極のダイエットアイテム「ゼニカル」とは?

  • 2017/09/30
  • ボディケア
  • 54view
  • アントニオ犬助
タグ

ひょっとして、やせることが目的ではないのか?

秋は旨い物が増える季節

一雨ごとに秋の気配が深まっていく……はあ、いい季節になりましたね。
秋が深まるにつれて、段々と収まるかと思っていたのですがそれでもなお、高いのが女子たちのダイエット熱。
まあ、秋は旨い物が増える季節ですから、食べ過ぎることを心配してのことか、「スレンダートーン」だ「シックスパッド」だ「ワンダーコア」だと、手軽に痩せる系のアイテムのチェックに余念がありません。

筋肉をぶるぶるさせたり、軽い腹筋を繰返してもやせるはずがないのに、なぜ彼女たちはあんなアイテムに釣られてしまうのでしょうか?
そんな様子をじっと観察していて、犬助は気付いたことがあります。
彼女たちは本当はやせたいのではなく、やせようとしている努力を誰かにほめて欲しいだけなのだと。できればステキな殿方にほめて欲しいだけなのだと。

 

排出すべきは老廃物ではなく、脂肪であるはず

排出すべきは老廃物じゃなくて皮下脂肪ではないのか

そんなダイエット女子が大好きなのは、通販のダイエットアイテムだけではありません。
やせると触れ込みの食品たちも大好き。
やせたかったら、そもそも食品を口にすること自体が間違っているはずなのですが、ダイエットは盲目と申しましょうか、そこ辺りにも彼女たちは気付きません。

あとデトックスっていうんですか? 体にたまった老廃物を排出するとかいうヤツも大好きですよね。でも、排出すべきは老廃物じゃなくて皮下脂肪じゃないかと思ったりするのですが、そんな方法は脂肪吸引といった外科的手段しか現在のところはなさそうなのです。

 

実はある!?「ゼニカル」なる魔法の薬

と思っていたら、あるんですよね。「Xenucal(ゼニカル)」なんて薬物が、といっても皮下脂肪を排出するのではありません。

ゼニカルは脂肪を吸収しにくくするという薬だそう。
何でも、食事中に含まれる脂肪を体が吸収するには、さらに分解して細かい脂肪の粒にする必要があるのだそう。ならば、体に吸収できるほど脂肪を細かい粒にする酵素の働きを遮断すればいい、という発想で生まれた薬だそう。

ゼニカルは日本でも糖尿病や高コレステロールで、健康が損なわれているケースでは処方される薬なのだそうですが、ダイエット目的で購入するとなるとめちゃくちゃ高価。
なぜなら、保険適用外な上にクリニックが勝手に値段を決めちゃったりするからだそうですね。

ところが世の中はインターネットの時代、このゼニカルを輸入してしまうというのが、一部のダイエッターの間では流行っているそうです。

 

なぜか、彼女たちはゼニカルを拒むのだ

なぜゼニカルを拒むのか

値段は1カ月分で1万円程度、カプセルを1つ毎食後に服用するだけ。特に食事制限などはないといいますから、何も難しいことはありません。
価格がまだ高いというならば、ジェネリックのゼニカルをどうぞ。費用はその半額程度ですんでしまうといいますから、ワンダーコアを買うより安いのです。

ゼニカルの使用感を調べてみると、服用を始めて数日で黒いタールのようなものが下からドロドロと排出されるそう。
これが分解・吸収されずに排出された脂肪分。酷い見た目でも、効果が出るかどうかも怪しいダイエット器具や食品なんかよりずっと確実な効果があるって思えたら手を出したくなるかもしれませんね。だって燃焼されたかどうかわからない脂肪より、目に見えて排出されていく脂肪を見れる方が、説得力があるでしょ?

というわけで、周りの女子にゼニカルの使用を薦めてみたのですが・・・まぁみんな拒否するんですよね。
なんで!?ダイエットアイテムとか食品などより、医学的に効果が証明されているゼニカルの方が絶対によさそうなのになーんて個人的には思うところですが・・・でもよく考えてみれば、黒いタールのような”もの”がしょっちゅう下からドロドロと排出されたり、諸々身体への副作用の心配もあるとなっては、いくらダイエットに必死という女性とは言え、そうそう安易に手は出せないのも仕方ないのかもしれません。

良薬口に苦しじゃないですけど、そんな都合よく”魔法”の薬なんてのはないのかもしれませんね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ