ドスコイ!!…って違うわ!

  • 2015/11/24
  • ボディケア
  • 289view
  • YAZIUP運営
タグ

炭水化物を控えてメタボ防止につなげましょう

中高年の成人男性や成人女性に肥満が増えている事が調査結果から明らかになった事でそれらの肥満の症状をメタボリック症候群と定義してメタボ解消の為の取り組みが国全体で行われるようになりました。メタボ解消の為には食生活を見直すことが一番の近道となります。今回はメタボになりにくくメタボの人の脂肪を落としやすくする食生活についてお教えします。

メタボリック症候群として勤めている会社の企業健診や自治体が実施している各地域の健診などで判定を下されてしまう人が増えています。このメタボリック症候群は肥満の基準をウエストの太さで判定する物ですが、実際にメタボリック症候群と判定された人の多くが偏って乱れている食生活を送っているケースが多いのです。メタボ防止の為には毎日の食生活で摂取する炭水化物の量を控える事が重要です。炭水化物は身体の中でエネルギーとして消費される三大栄養素の一つですが、炭水化物を摂取しすぎた場合、余ってしまった炭水化物が中性脂肪となる為、炭水化物をいつもより少なく摂取する事がメタボの防止につながります。

146951912

 

高たんぱくの食材を積極的に食べましょう

メタボと診断されるおそれがある多くの人に共通する項目として、身体全体の筋肉量が落ちてきている事が挙げられます。身体の筋肉量が若い頃よりも落ちてしまう事で筋肉が減り、脂肪が燃えにくい身体となってしまうとメタボ体型になりやすくなってしまいます。身体の筋肉を出来るだけ落とさないようにする為には、適度な筋肉トレーニングを行い、鶏のささ身などの高たんぱく低脂肪の食材を栄養として摂取する事が重要です。鶏肉を食べる場合には脂肪分の多いモモ肉は出来るだけ避け、脂肪分の少ない鶏のささ身を油や砂糖などの含まれた調味料を使用せず毎日摂取する事で、筋肉が落ちるスピードが遅くなり、筋肉が身体に徐々についてゆき、メタボ防止につながる効果を期待出来ます。

121861750

 

お酒を飲む時のおつまみは低脂肪な物にしましょう

社会人ともなればお酒の席に同席する事は珍しい事ではなくなります。しかし、メタボと診断されるおそれがある人が、これまで通りの酒量と食事の量をお酒の席で続ける事は得策ではありません。メタボと診断されるおそれがある人がお酒を楽しむ際には、出来るだけ低脂肪高たんぱくのおつまみを選んで食べるようにしましょう。可能な限りお酒の席での揚げ物は控え、お豆腐や枝豆、納豆などの豆類や、昆布やわかめなどの海藻類、さらに白身魚の焼き魚などを意識しておつまみとして食べる事で、カロリーの摂取を抑えながらたんぱく質を効率良く摂取する事が出来ます。たんぱく質の摂取によって筋肉がつきやすくなり、身体全体の筋肉量が落ちにくくなる為メタボ防止につながります。

159900482

 

メタボにならない為の食生活改善方法のご紹介、いかがでしたでしょうか。メタボにならないようにするには毎日の食生活においてカロリー摂取量を抑えて出来るだけ炭水化物を減らし、高たんぱく質の食材を栄養として摂取する事が重要です。メタボと診断されるおそれがある場合には食生活を改善し、余分な脂肪を積極的に落としてゆく事をおすすめします。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ