記事制作方針ガイドライン

糖質制限とは何が違うの?密かに話題のMEC食に迫る

  • 2017/05/18
  • ボディケア
  • 37view
  • 加藤薩樹
タグ

糖質制限にはレベルがある

糖質制限にはレベルがある

糖質制限とMEC食の違いについて解説する前に、まずは糖質制限にも「レベルがある」という点について少しだけ説明しておきましょう。

一言で糖質制限といっても、例えば一日のうち一食だけ主食を抜くようなライトな糖質制限もあれば、野菜や調味料に含まれるわずかな糖質まで徹底的に排するストイックで厳密な糖質制限まで幅が広いのです。

ライトな糖質制限の場合、体脂肪減少の根拠としているのは主にカロリーカットです。主食やお菓子を減らした分摂取カロリーが減るため体脂肪も落ちるという単純な理論です。
一方、ストイックな糖質制限の場合、実はあまりカロリーについては制限がありません。つまり、肉や魚など糖質さえ含まれていなければある意味どれだけ食べても良いのです。このストイックで厳しい糖質制限では、カロリーではなく①インスリンの分泌量減少と②ケトーシスモードに体が変わることによってケトン体をエネルギーとして効率良く使えるようになる、という二つの根拠によって体脂肪を落とそうとするわけです。

余談にはなりますが、中途半端な糖質制限で体重が減らないという人は、ケトーシスモードになるくらい徹底的に糖質をカットしているわけではないのに、カロリーを無視して肉や魚を食べすぎてしまう事が原因です。ライトな糖質制限ではトータルの摂取カロリー量は増やしてはいけないのです。

 

MEC食とは

MEC食とは

ではいよいよ本題です。MEC食とは一体何なのでしょうか。MEC食とはM(ミート)、E(エッグ)、C(チーズ)の頭文字を意味しています。つまり、肉・卵・チーズを食生活の中心とし基本的にこれらの摂取量には制限を設けない、という内容です。

MEC食はライトな糖質制限とは全く違いますが、ある意味糖質制限を突き詰めた究極の糖質制限食とも言えるわけです。

 

厳密な糖質制限とMEC食

厳密な糖質制限とMEC食

厳密な糖質制限を実現するためにはMEC食は必要不可欠です。他にも魚介類は食べることができますが、MEC食を意識しなければ完璧な糖質制限を成功させることは難しいでしょう。

先程、ケトーシスモードに体を変えられるかどうかが問題であるという趣旨を書きましたが、ケトーシスモードとは、体が「糖質が入ってこない!ヤバイ!別の物(ケトン体)を糖質の代わりに栄養素として使えるようにならなければ!」と判断し、タンパク質や脂質を材料として体内で作られるケトン体を有効活用できるようになった状態を指します。

この状態に体を変化させることができれば、体内の脂肪をとてつもないスピードで分解、燃焼できるようになるのです。

 

体脂肪率を10%以下にするのは難しい

体脂肪率を10%以下にするのは難しい

スーパーストイックな糖質制限にせよ、MEC食にせよ、体脂肪率を適正な値にまで低下させるのにはとても適しています。例えば体脂肪率30%以上もあるような太っちょさんは、MEC食によって比較的簡単かつ短期間に体脂肪率15%~20%程までには減少させる事が可能です。これはとても素晴らしいことと言えます。

ただ、一つ注意して頂きたいのは、カロリーについてあまり深く考えないこれらの減量方法では体脂肪率を10%以下のバキバキ、キレキレの状態にまで下げるのは難しいという点です。

腹筋や下腹部に血管が浮き出るような体脂肪率にするためには更に数歩踏み込んだ、やや常軌を逸したとも言えるようなストイックな栄養管理が必要となります。ですから、MEC食に対して過剰な期待を持つのは危険なのです。

ただ、繰り返しにはなりますが、体脂肪率が増えすぎてしまった人にとってあまりストレスを感じずに適正体重までダイエットするにはとても適した方法であることは間違いありません。自分のコンディションに合わせて有効活用して頂ければと思います。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ