【必勝ダイエット法】横腹を鍛えればメタボ解消できる

  • 2015/12/23
  • ボディケア
  • 325view
  • YAZIUP運営
タグ

何故ぽっこりとしたお腹になってしまうのでしょうか

お腹周りに脂肪がつきやすくなってしまう理由としては、腹筋が衰えたり弱くなったりしてしまい、内臓を適正な位置に支え切れなくなってしまうことが要因の1つとして挙げられます。

59146189

お腹周りには何故脂肪がつきやすいのでしょう

若い頃と比べて、年齢が上がるにつれ代謝が落ちて来ます。若い頃と同じ食生活をしていれば、代謝が落ちた分、体内に蓄積されていき、それが内臓脂肪となり、お腹ぽっこりの原因となってしまいます。

159900482

お腹ぽっこりを解消するにはどうしたらいいのでしょう

落ちた代謝を上げる為に有効なのは、有酸素運動です。たとえば、ジョギングや水泳、ウォーキングなどが挙げられます。
有酸素運動を行うことにより、代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい身体になります。

138072812

有酸素運動を持続させない場合はどうなるのでしょう

有酸素運動を行えば代謝が上がり、ぽっこりお腹だけでなく全身が引き締まってメタボ解消に繋がります。しかし、有酸素運動はずっと続けないと、元のぽっこりお腹に戻ってしまう、リバウンドの危険性があります。

141352531

リバウンドを防ぐ為に有効な手段は何でしょう

リバウンドを防ぐ為には、お腹の筋トレ、すなわち腹筋を鍛えることがおすすめです。腹筋を有酸素運動と並行して行うことで基礎代謝が上がり、安静時のエネルギー消費量が増えます。

249270781

内蔵の位置が下がったことによるお腹ぽっこりの解消法

内蔵は、本来なら腹筋に支えられて適正な位置にあるべきものですが、腹筋が弱いと支えきれずに内臓に押されてお腹がぽっこりと出て来てしまいます。その為、腹筋を鍛えて内臓を適正な位置に戻すことが大切です。

71300608

腹横筋は内臓の位置を適正にする為の筋肉です

腹筋の中でも特に腹横筋は、内臓の位置を適正に保つのにカギを握る筋肉です。筋力が弱くてお腹がぽっこりしている人は、腹直筋や腹斜筋肉と共に、是非とも腹横筋を鍛えることをおすすめします。

192173408

メタボでお腹ぽっこりしている人は、代謝が落ちて若い頃よりも脂肪が溜まりやすくなっているか、腹筋が弱くて内臓を支えきれていないか、のどちらかです。代謝を上げる為の有酸素運動に加えて腹筋運動を取り入れることにより、メタボ解消に繋がります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ