記事制作方針ガイドライン

ダイエット成功?!リバウンドを絶対阻止するための秘訣とは

  • 2017/04/12
  • ボディケア
  • 48view
  • 加藤薩樹
タグ

努力の全てを無駄にしてしまう恐ろしいリバウンド

体脂肪が少なく腹筋が割れて見える状態にまでなるのは相当な努力が必要

ダイエットが全く苦にならないという人は皆無でしょう。もともと胃腸が弱く太りにくい体質の人であれば太る事自体がないのかもしれませんが、一般的な人であれば体脂肪が少なく腹筋が割れて見える状態にまでなるのは相当な努力が必要となります。

そして、ダイエット同じくらい或いはそれ以上に大切なのが「ダイエット後のコンディションのキープ」です。ダイエット直後と完璧に同じとはいかなくとも例えば10kgのダイエットに成功したのであればそこからの「戻し」は1kg~2kg程度に抑えたいところです。

そこで、この「絶対避けたいリバウンド」をいかにして実現し、本当の意味でのダイエット成功を勝ち取るかについて解説していきましょう。ダイエット中から気をつけておくべきこと。そしてダイエット後の生活のポイントをしっかりまとめてみましたよ!

 

リバウンドの原因は精神と肉体の乱れ

そもそもリバウンドはナゼ起きるのか。それはダイエット中に精神と体が極端に抑圧されていたため、目標に達した途端にその箍(たが)が外れてしまい、欲望が大爆発してしまうからですね。

ダイエット末期の人間の体は消費エネルギーを節約し、ちょっとでもエネルギーが余る瞬間があれば即座に体脂肪に変換してやろうと待ち構えている状態にあります。

リバウンドは目標に達した途端に欲望が大爆発してしまうからですね。

例えばレプチンというホルモン。このホルモンはエネルギーをどんどん使って体の活動や新陳代謝を活発化させようとする別名「痩せホルモン」なのですが、ダイエット中はこのレプチンの分泌も相当低下しているのです。

体脂肪は落ちれば落ちるほど、増えやすく体に溜め込みやすい状況となります。そしてそのピークがダイエット終了直後、というわけなのです。

しかし、逆に言えばこのダイエット終了直前直後の異常状態さえ上手く凌ぐことができればリバウンドは高確率で防ぐことが可能というわけです。体重をほとんど戻さず、レプチンの分泌を促し、精神的肉体的な過剰抑圧を解くコツは一体どのような方法なのでしょうか。

 

 

ダイエット期の抜け出し方!筋トレ併用戦略が有効!

人間の体は良くも悪くも刺激が強ければ強い程大きく反応します。例えば筋トレでもほとんどキツイと感じない負荷でエクササイズを行っても効き目はありませんよね。ある程度ガツンと重みを感じる重量を使わなければ筋肥大させることはできません。

これと同じ理屈でダイエットをスムーズに終わらせ、ある程度食べる量を戻しても体重・体脂肪をキープしておくためには急激に摂取カロリーを増やすのではなく、マイルドに、緩やかに、体に悪い意味での刺激を与えないようにダイエット期を終わらせなくてはならないのです。つまり、「摂取カロリーを増やしながら消費カロリーも増やす」ことが大切なのです。

摂取カロリーが増えれば体は徐々に「危機的な状況からは抜け出せたな」と判断し、レプチンの分泌を再開し、代謝を活発化させるようになります。この時、単純に食べる量だけを増やしてしまうとリバウンドしてしまうわけですが、同時に筋トレを行うことによって消費カロリーを増し、更に代謝にブーストを掛けることで体脂肪の増加は防ぐことができるのです。

リバウンドしないために筋トレ併用戦略が有効!

具体的にはダイエット終了した直後から、1週間ごとに1日の摂取カロリーを200kcal~300kcalずつ増やし、最終的には消費カロリーと摂取カロリーの量がバランスするレベルまで持っていきます。そして筋トレは週に4日か5日、1回ごとに1時間を目安に行います。強度にもよりますが、1時間の筋トレで300kcal程は消費できますのでダイエット終了直後については食べる量が増えても体脂肪は増えません。しかし、代謝は回復しレプチンの分泌量も上がりますのでその後緩やかに食事量を戻す時間的余裕が与えられるのです。

 

 

有酸素運動はダメ!筋肉を増やすことが重要

消費カロリーを増やすのであれば筋トレではなく、ジョギングや水泳などの有酸素運動の方が良いのではないか、と考える人もいるかもしれません。しかし、有酸素運動は直接脂肪を燃焼させようとする運動であり、これを行い過ぎると体は再び「体脂肪を守れ!」というモードに体を切り替えてしまいます。

有酸素運動はダメ!筋肉を増やす

筋トレは体脂肪を直接燃やすには不向きですが、運動後代謝を高い状態で長時間キープすることができます。筋トレを行い、破損した筋肉が回復したり筋肉を成長させようとする体内活動はかなり長時間続きますし、その過程で大量のカロリーが消費されるのです。

また、筋肉が増えれば基礎代謝もアップしますからより太りにくい体質になることができます。

ダイエットからのリバウンドを防ぐには、計画的な食事量の調整と、筋トレの併用が最強に効果的なのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ