メタボ対策でバターをマーガリンに変えるのはあぶない

  • 2016/11/15
  • ボディケア
  • 165view
  • YAZIUP運営
タグ
  • ダイエット/メタボ
  • コレステロール
  • ダイエット
  • トランス脂肪酸
  • メタボ
  • ライフスタイル
  • 体脂肪
  • 体質改善
  • 内臓脂肪
  • 肥満
  • 食品

メタボ対策はマーガリンから?

メタボを自覚すると、たいていの人は食事制限に走ります。キーワードは「コレステロール」。普段は家の料理になどあまり関心がなかった人も、悪玉コレステロールを仇敵と見なして、やれ牛肉の脂分は捨てろ、やれ動物性脂肪のある食品は避けろと、とたんに口うるさく注文をつけるようになったりします。
そういう人に「では、バターとマーガリンのどちらがいいですか」と尋ねると、答えはほぼ100%「マーガリン」でしょう。動物性脂肪のかたまりであるバターにはコレステロールが大量に含まれているが、植物性のマーガリンにはコレステロールはなく健康的というのが、世間一般の常識だからです。
でも、これ、根本的に間違いです。

325175198

 

植物性の油は体の細胞を破壊する…!

そもそも、植物性の油には大きな欠点があります。非常に酸化しやすいという性質があり、大量に摂取すると体内の過酸化脂肪がどんどん増えていきます。過酸化脂肪というのは脂肪酸が酸化したもので、体の細胞を破壊する作用があり、血流を滞らせるなどの悪さをします。植物性の油には、そういう危険がともなっているのです。
マーガリンの場合には、さらに別の危険があります。マーガリンの原料は植物の脂肪ですが、常温下では液体。そのままでは、バターの代用となる固形にすることはできません。それで、水素を加えるなどの方法で常温でも固まるように加工します。
このとき、重大な変化が起きるのです。

93273958

 

同じ植物油でも、天然のものとマーガリンとは別物

植物油を固形化してマーガリンに仕立てるとき、何がおこるか。「トランス脂肪酸」という物質ができます。トランス脂肪酸は、多量に摂取すると、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすというはたらきをします。つまりは、メタボ推進の強力エネルギーになるのです。
トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんどありません。固形化してマーガリンを作るときにだけ発生します。同じ植物油といっても、天然のものとマーガリンとは全くの別物なんですよ。

383750980

 

油の使い方を見直せ

トランス脂肪酸は、世界保健機関(WHO)などから摂取量を抑えるべしという勧告が出ています。摂取量が増えると、心臓病のリスクが高くなるからです。
メタボ対策のつもりでマーガリンをせっせと使った結果、トランス脂肪酸が増えて、心臓病になる。これじゃあ、身もフタもありません。
いま、この日から、油の使い方を見直しましょう。

この記事につけられたタグ

  • ダイエット/メタボ
  • コレステロール
  • ダイエット
  • トランス脂肪酸
  • メタボ
  • ライフスタイル
  • 体脂肪
  • 体質改善
  • 内臓脂肪
  • 肥満
  • 食品

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ