ダイエットは見た目が大事!体重計に乗るのはもうやめよう

  • 2015/12/15
  • ボディケア
  • 153view
  • YAZIUP運営
タグ

毎日体重計に乗って数字の変化に一喜一憂していませんか?

メタボブームの今、ダイエットをしている方は多いと思います。
残念ながら、数字を追いかけていては、痩せる、という本質から少し外れてしまいます。
そこで、今回はダイエットを行うにあたって、意識するべき事や注意点を説明していきます。
306864536

見た目重視のダイエット

スレンダーなダイエットをイメージしやすい女性の画像
何故、体重計の数字を使ったダイエットがいけないのか。
それにはしっかりと理由があります。

まず、体重計の数字は、水分摂取量、食べ物の体内残留物、塩分による浮腫み、そして炭水化物の摂取により、筋肉に貯蔵されるグリコーゲンなど、様々な条件により、脂肪とは関係ない部分で、多い人では5kgも上下してしまいます。

なので、数字よりも、見た目を指標にする事で、本当に体脂肪が減り、痩せているのか、正しい判断が出来ます。

 

ダイエットにおける、ビギナーズラック

ダイエットを始めたばかりの頃、すぐに2、3kgも体重が落ちる事がありますよね。
この最初に減った分、実は先程記述した、グリコーゲンの貯蔵量と塩分による浮腫み、胃の中にある食べ物のが抜けただけで、殆ど脂肪は減っていないのです。

グリコーゲンの貯蔵量というのは、炭水化物から摂取したエネルギーを筋肉に貯蔵しています。
グリコーゲンは水分と結びつくため、身体の水分量があがり、水分量の分、体重が上下します。

なので、塩分による浮腫み、グリコーゲンの水分、を抜いたところで、減ったのは水だけなので、食事量を戻すと、あっという間にリバウンドしてしまいます。

 

脂肪を減らす事を意識しよう

312234413
ダイエットの目的は、あくまで脂肪を減らしたり、健康な身体を手に入れる事。
無理なダイエットで筋肉や、寿命を削っては元も子もありません。

なので数字の上下を意識するより、お腹周りや二の腕、顔を見て、脂肪の量をを目で確認しゆっくりと行うダイエットを推奨します。

ダイエットはライフスタイルです。
いきなり脂肪を減らす事は出来ません。少しづつでも、生活に取り入れ、ゆっくりと行う事が理想です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ